白の色鉛筆

需要と供給が成り立っていない存在

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第8回東方SSコンペ、終了のお知らせ

 コンペも無事終了しまして、改めて自分の作品について振り返ってみようという試み。
 まぁ、毎回の事ですけど。

・早苗心と秋の空
 ギミックには自信があったものの、まだまだ書き込みが足りなかったようで。精進を重ねていかないと駄目ですね。
 狐の嫁入りは確実にネタ被りするだろうと予想してしましたが、敢えて激戦区へ身を投じてみようかと思いました。結果は割と惨敗でしたが。構造はかなり気に入っています。単純ですし、分かりやすい。

・ところにより鮫が降るでしょう
 うん、駄洒落なんだ。すまない。
 某氏曰く、雨も降らなければ鮫も降らない作品。言われてみれば、これのどこに雨という要素があるのかは疑問。題材を生かすどころか殺してしまったようですが、10位に入れたので驚きの一言です。やっぱり短編ギャグは最後まで読んでくれる人が多いのでしょうか。まぁ、他の方の作品を見ていると必ずしもそうではないのでしょうけれど。

・唐傘雨音頭
 一番時間をかけて、一番苦労をした作品。友人にも誤字探しやらを手伝って貰いました。
 コンペはお祭りだと考えている人間なので、とにかく騒がしい物語を書いてみようかと。やたらめったらキャラが多いのはその為です。後はとにかく中身を詰めて、映画を見終わった後に感じる寂しさみたいなもの。あるいは祭りの後の余韻を感じさせるようにしたいなあと、そういう意図もありました。
 ただ改めて読み返したら、何で大岩に拘っていたのかは疑問です。あれ、別に無くても話は成立するんですよね。
 それと全体的な完成度ではまだまだ未熟の一言。投稿した前後では問題無かろうと自負していたのですが、一週間ぐらい経つとアラが出てくるわ出てくるわ。もうちょっと早く完成させたかったものです。次回も出すのならば、その点は気を付けましょう。


 これからコンペ作を読もうかという人がいるのならば、個人的には『あの夜のシューティング・スター』と『猫とこいしと涙雨と、暖かな復讐劇 』がお勧めです。何度も何度もプッシュしていますが、本当に感動した作品なんだから仕方ない。かつての『ジャパニーズサムライ・ミーツ・ガール1590』を思い出させるぐらいの感動が此処にありました。
 もう一つ、『首切り蓬莱人形』もお勧め作品です。不思議と何度も読み返したくなる魅力がありました。
 考えてみれば、今回は良作がかなり多かったようにも思えます。やはり分母が増えると、それだけ良い作品も増えるということなのでしょう。正直、他の作品が凄すぎて感想付け終わった後は落ち込んでいました。本当、コンペは地獄だぜ、ヒャッハー。
 でも面白い作品がこれだけ読めるのだから、ある意味では天国。次回は果たして、これ以上作品数が増えるのか減るのか。その点についても注目したいところです。
 何はともあれ、お疲れ様でした。
スポンサーサイト
  1. 2010/01/18(月) 00:15:49|
  2. 東方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<モチベ | ホーム | 乙!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://makiqx.blog53.fc2.com/tb.php/865-fcb320d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

八重結界

Author:八重結界
ノーマルシューター。でも神奈子様は苦手。
諏訪子様と小傘とお燐とお嬢様がいればそれで良い。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。