白の色鉛筆

需要と供給が成り立っていない存在

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

痛い絵馬、文字だけ書くと何か攻撃的

12/11 23:29 罰、というよりは、それを見て不愉快になった人の思念が災いを降らす、みたいな事もありえるんじゃないでしょうか神奈子様とか、罰を与える方は絵馬見て笑ってそうな気がしますね
>やはり行き着くべきは、それを見て他人がどう思うかにあるわけで。神様が実在するとしても、そこはあまり気にしないんじゃないかという、まぁ人間の意見に過ぎないわけですけども。

 痛絵馬に関して思っていることがあるとすれば、それは目的外使用だからではないかという事です。絵馬とは願掛けの道具であり、いわば願いを書き込む為のもの。そこへ全く関係のないキャラクターの絵を描き、落書き帳か足跡張代わりの文字を書き込んだとしたら、果たして神職に就かれている方や地元住民がどう思うのかという一点に尽きると思います。
 言うなれば壁に落書きしているようなもので、決して愉快な思いをされはしないでしょう。
 だがしかし、と。それならば諏訪大社に諏訪子様の絵を描いた絵馬を吊すのはどうなのかと。勿論、真面目な願いを書き込んでいたらの話ですが。
 例えば『○○大学に受かりますように』という願いと一緒に諏訪子様が書かれていたら、果たしてそれは目的外使用に当たるのかと。絵馬の歴史を紐解けば、関連性のある範囲でなら割と自由に色々と書かれているようで。私が行った京都の伏見稲荷神社では、そもそも絵馬の形が狐だったりして珍しがっていたのを覚えています。
 確かに一般人の方には諏訪大社=洩矢諏訪子という方程式を知っいるわけもなく、理解できるはずがありません。しかしながら、一般に知られていないから許されざるものだというのは如何なものかと。少なくとも、一部の人間には理解できるわけですし、必ずしも無関係ということではないのですから。
 まぁ、ただ一つだけ言えることがあるとすれば望ましくないのは事実です。いかなる理屈を付けようと、そういったキャラクターが一般の人に受けいられているという現実はないのですから。叱るようなことでないとはしても、褒められた行為でないのは間違いないでしょう。
 そしてよくよく考えてみれば、諏訪大社で盛んに描かれているのは神奈子なんじゃないかと思ったり。私の頭の中ではすっかり諏訪大社=諏訪子様でした。
 いやはや、もうちょっと考えてみれば今度は違う結論に辿り着くかもしれませんね。何にしろ、痛絵馬に関してはまだまだ思うことが山盛りです。
スポンサーサイト
  1. 2009/12/13(日) 21:06:01|
  2. 思考
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<雪も間近 | ホーム | 起承転結の細分化>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://makiqx.blog53.fc2.com/tb.php/833-a1bd35c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

八重結界

Author:八重結界
ノーマルシューター。でも神奈子様は苦手。
諏訪子様と小傘とお燐とお嬢様がいればそれで良い。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。