白の色鉛筆

需要と供給が成り立っていない存在

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

料理小説ってあんまりないよね

 雲山って山があったら登ろうと思っています。探してもいないので、実在するのかどうかは不明ですが。多分、無いと思う。
 でも中国あたりならありそうな気もします。
 四川省雲山。ありえる。

 いずれは雲山と一輪の料理対決なるものを書いてみたい気もしますが、完全に思いつきで書いているので間違いなくお蔵入りの予感。そもそも料理を小説で書くとういうのが至難の業で、美味しい料理を描写できる人は尊敬してしまうわけです。
 ましてやお腹の空く小説なんてのは、書いてみたいものの一つでもあるわけで。
 美味しい水の描写というものに、いつかは挑戦したいものです。
スポンサーサイト
  1. 2009/10/06(火) 23:13:31|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<リターン | ホーム | 自然の脅威(予定)>>

コメント

何やらビギナーに易しそうなのが出て来ましたよ。

雲山峰(うんざんぼう) (490m)
(大阪府/阪南市・和歌山県/和歌山市)


そして中国福建省にもそれっぽいものが。
というか、こちらは商品名が面白かったので。
楽天市場で見つけたお茶です。

載雲山東方美人

中国福建省載雲山の麓、
海抜1000M位のところで採れるお茶です。
シャンパンのようなさわやかな味と香りが特徴です。
発酵度は高いが紅茶ほど渋みはありません。

一輪vs雲山。
東方美人vs東方美人茶。
なんとも。
  1. URL |
  2. 2009/10/07(水) 22:57:02 |
  3. うさき #-
  4. [ 編集]

 無駄に行けそうな場所にあるのが恐ろしい。そして登れそうなところがまた怖い。
 いずれは登頂して雲山の上に乗ったぞーと叫んでやりたいものです。

 そして東方美人。ほお……。
 つまり雲山が女性化したってことですね。なるほど。
  1. URL |
  2. 2009/10/08(木) 23:47:11 |
  3. 八重結界 #mvs/Wv.Q
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://makiqx.blog53.fc2.com/tb.php/777-91e1b04e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

八重結界

Author:八重結界
ノーマルシューター。でも神奈子様は苦手。
諏訪子様と小傘とお燐とお嬢様がいればそれで良い。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。