白の色鉛筆

需要と供給が成り立っていない存在

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夏に冬のお話を

 晴れていた時は早く雨降らないかなあと思っていたのに、実際降ってみると少しは自重した方が良いんじゃないでしょうかと思ってしまう我が儘な感情。
 天候からしてみれば、降れと言われたので降らせたのに何故降らせたのかと怒られた。そんな感じなんでしょう。君はいま、怒っていい。

 まぁ、しかしせっかくだから梅雨の話でも書こうと思ったわけですけども。そもそも考えてみれば梅雨に梅雨の話を書いたところで、雨の鬱陶しさが伝わったとしてもそれは季節の手柄であり、書いた人間の力では無いんじゃないかと。
 夏に雪の描写をして、寒がらせてこその力量。それこそが本懐だと思うのですが、結局は人それぞれですから。私はそうありたいと思っていても、全員がそう思っているとは限らないのです。
 つまり、この季節だからこそ冬の話を書くべきではなかろうかと。となるとレティさんがはっちゃけるフラグ。テンション高いレティさんというのも、なかなかどうしてあまり見ないので書いてみたいところです。
 くろまくー。
スポンサーサイト
  1. 2009/06/29(月) 23:42:23|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夏の紅魔館 | ホーム | 積みゲーが着実に増えているの巻>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://makiqx.blog53.fc2.com/tb.php/696-5ef3b8fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

八重結界

Author:八重結界
ノーマルシューター。でも神奈子様は苦手。
諏訪子様と小傘とお燐とお嬢様がいればそれで良い。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。