白の色鉛筆

需要と供給が成り立っていない存在

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

 零ならばガッカリして、十なら大満足というのは誰にでもよくあること。よほど特殊な状況じゃない限りの話ですが。
 問題は五の場合。これを喜ぶかガッカリするかは、まさしくその人の力が試される時なのです。ちなみにこれは判断力ではなく、決断力を試すテスト。だって正解など無いのですから、要はどれだけ即座に後悔しないような決断が出来るのかというもので。
 ちなみに私はガッカリします。欲深いのが人間だから、上を上を見たいのです。
スポンサーサイト
  1. 2009/05/15(金) 01:38:38|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<催眠実験をプレイしてるわけですよ、奥さん | ホーム | 使ってる資料とか>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://makiqx.blog53.fc2.com/tb.php/658-fa4f2360
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

八重結界

Author:八重結界
ノーマルシューター。でも神奈子様は苦手。
諏訪子様と小傘とお燐とお嬢様がいればそれで良い。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。