白の色鉛筆

需要と供給が成り立っていない存在

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

彩雲国、真庭語、果心居士の三本立て

 今年も残すところあと二十日。早いようで長い一年でした。
 などと回顧するのはもうちょっと後のこと。今はまだ現在を見据えて色々やったりあれこれやったり。

 とりわけ、今は落ち込みモードなので久々の読書に夢中なのです。
 思えば、ここ一ヶ月ほどマトモに読書してなかったわけで。普段なら小説を読まなくとも、何か別の入門書なり専門書を読んでるところですが、それすら無しという有様。別に読まなくてはいけないわけではないですが、読書の楽しさを忘れるのも困りものなので。
 というわけで、真庭語と彩雲国物語最新刊、それと果心居士の幻術を読破。しかし我ながら、真庭語の後で果心居士を読むってのは冒険だったと思う。おかげで真庭が大したことないように思えてきた。下手したら、真庭蝶々よりも飛び加藤の方が強いんじゃないのかと思えてくる。でも狂犬は可愛かったです。何がでもなのか知らないが。
 彩雲国の方は相変わらず。山と谷のタイミングが計算され尽くしたかのように良いので、飽きることなく最後まで読むことができました。しかし切れ者のインフレが止まりませんね。登場人物の半分が切れ者で、残りはくせ者ってどうなんだろう。面白いけど。
 東方に例えるなら、半分が永琳で残りが紫みたいなもんです。おお、怖い怖い。

 次はベネズエラ・ビター・マイ・スウィートあたりでも読もうかなあと。あるいは、宇宙についての本を買って読んでもいいかもしれません。まぁ、しばらくは読書でまったりと行きます。
 読める時間は殆ど無いけどね。
スポンサーサイト
  1. 2008/12/11(木) 22:30:53|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<猫との七日間戦争 | ホーム | もうすぐDVD予約開始>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://makiqx.blog53.fc2.com/tb.php/506-f3cb87d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

八重結界

Author:八重結界
ノーマルシューター。でも神奈子様は苦手。
諏訪子様と小傘とお燐とお嬢様がいればそれで良い。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。