白の色鉛筆

需要と供給が成り立っていない存在

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

《迷信を頼るのこと》

 幻想郷の情報を知る上で、文々。新聞は欠かすことの出来ない情報誌だ。
 外の世界ではこぞって新聞社が勧誘合戦を繰り広げていたが、ここではあまりそういうことがない。
 当然だ。天狗達は何の断りもなしに配っているのだから。
 軒先に配られていた新聞を拾い上げ、諏訪子は記事に目を通す。
「ふむ……紅魔館の経済事情に迫る。家計もまさしく真っ赤っかと」
「諏訪子様、そこテレビ欄です」
 何をどう読みとったのか。
 後ろからツッコミを入れる早苗を無視して、諏訪子は新聞をひっくり返す。
 テレビ欄の後に天気予報とは。
 子供か、この人は。
 思わず早苗は、心の中でつっこんだ。
「今日は晴れか。ここのところ、毎日晴れてるね」
「良いことです。雨が続くと洗濯物が乾かなくて困ります」
 炊事洗濯を請け負う早苗からしてみれば、できる限り空には晴れていて欲しい。
 室内で干していると、どうにもジメジメして気が滅入る。
 かといって、雨雲をどけるわけにいかない。
 むやみやたらに天気を弄ると、後々になって後遺症が出てくるのだ。
 その辺りを分かっているからこそ、雨が続いても神奈子や諏訪子は何も言わないのだ。
 人間というか神様が出来ている。
 早苗は、そういった諏訪子のそういったところは尊敬していた。
「よし、晴れてばかりじゃ面白くないから雨降らしてよ」
 尊敬という感情が旅立っていく。
 行き先はマカオか香港か。
 いずれにせよ、もう二度と再会することもあるまい。
「駄目です。面白半分で天気を変えてはいけません。酷い日照りが続いて、致命的なまでの水不足に陥ったなら話は別ですけど」
「昨日、猫の式神が顔洗ってたよ」
「だからどうしたんです」
「夜雀が低く飛んでいた」
「そういう日もあるでしょう」
「ケロケロ」
「降らせませんよ」
 数多の迷信で挑む諏訪子だが、早苗の意志は固かった。
 雨蛙のように頬をふくらませる諏訪子。
 そうしていたら、本当に雨が降るんじゃないかとすら思える。
「もういいよ! 早苗の馬鹿! 2Pカラー!」
「ひ、人の急所をえぐりこむような罵詈雑言。神様といえども許さん。待ちなさい!」
 猛ダッシュで逃げ去る諏訪子の背中を追う早苗。
 しかしそこはさすがの神様。
 人里を越えて紅魔館まで走り抜いても、一向にその距離が縮まることはなかった。
 すわ、死神が距離を操ったのかと思うほどだ。
 そんな追走劇を30分ほど繰り広げたところで、ようやく諏訪子のスピードも落ちてくる。
 だが、早苗のスピードも同時に落ちる。
 そして失速を続けた二人はやがて、湖の畔で力つきた。
「はぁはぁはぁ……もう……諦めましたか……諏訪子様」
「い、良いじゃんよ……少しぐらい……雨降らせてくれたって……」
 諏訪子の目尻には、うっすらと涙の跡が見える。
 走りながら泣いていたのか。
 早苗は息切れしながらも、諦めたようにため息をつく
「仕方ないですね」
 それを聞いて、諏訪子の表情が明るくなった。
「それじゃあ!」
「ええ。雨乞いでもして、頑張って雨を降らせてくださいね」
 極上の笑みで、諏訪子の願いは両断される。
 怒った諏訪子に追いかけられ、早苗が守矢神社に帰還したのは、それから30分後のことだった。
 まだうっすらと涙の跡が見える諏訪子を見て、神奈子は口を開いた。
「迷信も馬鹿にはできないものね。まあ鳴いてはいないようだけど」


 
スポンサーサイト
  1. 2008/07/10(木) 22:59:33|
  2. 守矢のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<執筆の節約 | ホーム | 明日は三位>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://makiqx.blog53.fc2.com/tb.php/343-d56b5ab5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

八重結界

Author:八重結界
ノーマルシューター。でも神奈子様は苦手。
諏訪子様と小傘とお燐とお嬢様がいればそれで良い。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。