白の色鉛筆

需要と供給が成り立っていない存在

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

価値観と金額の順序

 芸術ってのは割と曖昧な文化で、受ける印象も十人十色なわけです。
 だからブランドものだって好きで買ってる人もいるし、嫌いだから買わないって人も大勢いる。無論、皆が持ってるブランドだから所有してステータスにしたいという人もいますが。いずれにせよ、それぞれの価値観で買ってるのは事実。
 ただ、日本人ってのは基本的に他人と合わせる文化ですから。芸術の価値観においても、なるべく人と合うように修正したりする癖があります。偉い人が褒めたら何かそれが良い物に思えてきたり、多くの人が高評価してるから自分も高い評価をつけるようにしたり。それも文化ですから、有りっちゃあ有りなんですけど。
 問題はその指標として金額を使っていること。テレビを見れば明らかな事なんですが、芸術作品に対する評価が価値→金額ではなく金額→価値なんですよね。
 本来、金額ってのは自分の価値と比較して経済的に買えるか買えないか決める目安みたいなもんです。最後まで時価のままで、店が勝手に財布からお金を抜いていくというシステムにするわけにもいきませんから。この値段なら売ってもいいですよというラインを示し、買い手は財布と相談しながら購入か否かを検討するわけです。
 それが、テレビではまず金額ありきなんですよね。
「こんな見窄らしい壺が、なんと一千万円」
「ええー! 凄い!」
 バラエティとしては、別に問題のない手法だと思います。ギャップで驚かせるってのは、昔からの常套手段ですから。ただ、一般的な世間もこれに類する判断を持ち始めたことが問題。金額によって価値を変えるのは、果たしてどうなんでしょうかね。
 例え小学生の落書きだって、見た人が傑作だと思えば一万円でも買うでしょうし、どんな巨匠の作品だって気に入らなければただの粗大ゴミです。例えばそこに経済的な思惑があるのならまだしも、純粋に作品として見る場合は金額なんて関係無いと思うんですけど。

 テレビを例に出しましたけど、お宝発掘番組なんてのは典型的な経済のお話。要は自分が買った値段より高ければ嬉しいし、安ければ馬鹿だなあと笑いになる。私が個人的にどうかなと思うのは、金持ちのお宅訪問系の番組ですね。
 高い物が良いというわけでもあるまいに。小説なんか、その最たる例ですね。高い本が面白いとは限らない。
 ただ、良い物は大抵高いんですが。特に絵画や陶器のような生産が難しいものとか。
 その辺の違いが難しい。
 まあでも、結論は一行目に書いていますから。所詮、芸術は十人十色。私みたいに金額で価値を修正するのはどうかという人もいれば、それでも良いじゃないかという人だっている。別にどちらかが正しいわけでもないのが、芸術というのもの怖いところ。そして同時に面白いところ。

 ちなみに、この話を分かりやすくしたならば『女の子を胸で判断するのはよくないことだよね。でも、そういう風に判断する人もいるし、それは決して間違っているわけではない。やっぱり、おっぱい最高!』ということ。
 でも、おっぱいより肩の方がもっと好きです。

20:46 30分でSS書きあがるよ! よ!
>おいおい、ここが幻想郷なら撃ってたぜ


 
スポンサーサイト
  1. 2008/06/28(土) 23:26:17|
  2. 思考
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<いつも通りの日曜日 | ホーム | 夢じゃなかったよ!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://makiqx.blog53.fc2.com/tb.php/332-0eccbcfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

八重結界

Author:八重結界
ノーマルシューター。でも神奈子様は苦手。
諏訪子様と小傘とお燐とお嬢様がいればそれで良い。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。