白の色鉛筆

需要と供給が成り立っていない存在

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

名前を付ける難しさ

 慧音に起こされる夢を見ました。それなのに、誰かが私を起こそうとしている。嫌々ながら起きたら牛が私を揺さぶっていました。なんだ牛かと呆れつつ、そのまま二度寝した日曜日。今日も至って平穏です。

 古今東西、これほど小説やゲームや漫画が流通していれば、名前が被ってもおかしくありません。
 かくいう東方だって、似た名前のキャラクターはいるわけで。いまだに紫と言われると、染谷の方が頭に思い浮かぶはやて仕様の私でございます。はやてと言えば黒鉄。まあ、こっちのゆかりは平仮名ですが。
 とはいえ、さすがに鈴仙・優曇華院・イナバや四季映姫が被ることは無いでしょう。そういった独特の名前も魅力的ですが、考えるにはセンスが必要です。タイトルを考えるのも然り。こればっかりは技術でどうこうなる問題ではありません。持って生まれたもので勝負するしか無いわけで。
 その辺りの方面なら、良い意味でも悪い意味でも西尾維新氏が突っ走ってる現状です。右下るれろとか、生涯かけても思いつきそうにないですし。
 ただ、意味を持たせるのならセンスの有無はあんまり関係ないです。例えば名前に各月が入っていたりとか。ある程度のセンスはそりゃ必要ですけど、一から全て考えるよりはマシ。そういうわけで、ついつい何かに模した名前を考えたくなるわけです。四季とか、数字とか。
 つまり、オリキャラにそういった名前が付いている時は考えるのが面倒臭かったと、そういう自己分析なのでありましたとさ。下手に難しい名前つけると覚えて貰えなくなるしね。
 ただ、その結論だと八重結界って名前も適当ってことになる。うん、ごめん適当。五秒で決めたの。


スポンサーサイト
  1. 2008/04/20(日) 23:04:20|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<和歌って凄いよね | ホーム | 花粉症で泣く頃に>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://makiqx.blog53.fc2.com/tb.php/262-5ebfb3ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

八重結界

Author:八重結界
ノーマルシューター。でも神奈子様は苦手。
諏訪子様と小傘とお燐とお嬢様がいればそれで良い。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。