白の色鉛筆

需要と供給が成り立っていない存在

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

花粉症で泣く頃に

 『小人さん 仕事』で検索してたどり着いた人が二人もいて吹いた。なんだその、頑張って。

 どうにも最近、真面目っぽいことしか書いてないような気がする。創想話ではあんな作品出しているのに、ブログに来たら聖火リレーについて暑く語ってるとかどうなの。おっぱいを期待して来た方々に申し訳ない。あっちはあっちで重要な話題なんですが。
 でもやっぱり胸より肩が好きという。霊夢の魅力は腋じゃなくて肩だよねと主張しているんですが、いまだに賛同者はゼロ。時代は腋のようです。いや、腋ではないか。
 などと思いながら、次は肩の話を書こうとする。ストーリーが無くて、単なる肩談義になったし。
 花粉症が酷い時は、何をやっても駄目ですね。そういう毎日。
スポンサーサイト
  1. 2008/04/19(土) 22:38:01|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<名前を付ける難しさ | ホーム | 聖火は誰のために、って決まってるか……>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://makiqx.blog53.fc2.com/tb.php/261-2d8078d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

八重結界

Author:八重結界
ノーマルシューター。でも神奈子様は苦手。
諏訪子様と小傘とお燐とお嬢様がいればそれで良い。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。