白の色鉛筆

需要と供給が成り立っていない存在

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

歴史が生きているなら、慧音だって生きているんです

 歴史というのは生き物です。新しい史料が出てくれば、容易にそれまで常識だったら事が覆ってしまいます。
 それだけに、TV番組もさぞや作りにくいでしょう。昔はいるとされていた聖徳太子も、今ではいなかった説が通説になっていますし。
 だからでしょうか、TVの歴史モノというのは迂闊に信じてはいけないわけです。まあ、基本的にTVは誇張するものですから。つまらない説と面白そうな説があれば、面白そうな説を選ぶわけで。時たま、それがさも事実であるように言ってしまうのです。
 NHKの「その時歴史が動いた」は、そんな歴史モノの中でも優れている方です。さすがは天下のNHK。生半可な調査はしていません。もっとも、稀に紹介する人物を美化しすぎるきらいはありますが。

 などと、何故急にこんな偉そうな事を言い始めたのか。勿論、私は歴史の研究家でもありませんし、その辺りについてはそれほど詳しいわけでもありません。
 ただ、溜まっていたテレビを消化していたら、思わず溜息をつきそうなぐらいダメダメな番組があったわけで。ついつい愚痴ってしまったわけですよ、奥さん。
 でも、どんなTV番組でも喋り場には敵わないという現実。あれは……もう最強です。
スポンサーサイト
  1. 2007/10/30(火) 23:18:39|
  2. 適当
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<近況とこれからについてツラツラと | ホーム | アニメ版スケッチブックへくしゅん>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://makiqx.blog53.fc2.com/tb.php/153-f834b85f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

その時歴史が動いた nhk

NHK、[TV]ちりとてちんが面白い『ちりとてちん』... 貫地谷しほりちゃんがNHK朝の連続テレビ小説の主役を決まった時にご紹介した「ちりとてちん」が今週からはじまっています。時たま、それがさも事実...
  1. 2007/10/31(水) 07:41:39 |
  2. その時歴史が動いた(まとめ版)

プロフィール

八重結界

Author:八重結界
ノーマルシューター。でも神奈子様は苦手。
諏訪子様と小傘とお燐とお嬢様がいればそれで良い。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。