白の色鉛筆

需要と供給が成り立っていない存在

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

目と目が合う瞬間好きだと気付いた

 物語の波長というやつは、存外に大事なものだったりします。周りはつまらないと言うのに、何故か自分だけは面白いと感じる場合は波長が合っているのです。
 私の場合は、『僕は友達が少ない』と波長がかなり合っていたり。典型的なラノベの見本としてラノベ嫌いのスレでは定期的に上がる作品ですし、客観的に見てもそこまで気に入るような要素は皆無なんですけど、何故か何度も読み直したくなるほど好きなわけで。
 じゃあどこか好きなのかと問われたら、そこで返答に詰って自問自答の時間が始まるのです。ちなみに、いまだ答えは出ていません。だから波長という単語を持ち出してきたわけです。

 つまるところ何が言いたいかと言うと、どんな駄目そうな作品でも波長の合う人はいるかもしれないのです。だから一人や二人が面白いと言ってくれたから、実は面白かったりするのかなんて勘違いを抱く人もいるのではないかと。主に作り手側で。
 向上心は失えば停滞するばかりなのです。まぁ、趣味でやっている人には大きなお世話かもしれませんが。
 小傘ちゃんと波長が合いたい。
スポンサーサイト
  1. 2011/08/16(火) 06:06:12|
  2. 思考
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

BONES視聴中

 お嬢様三昧という単語が有り触れた世界に住みたいです。暑いですね、まったく。
 黒いローブの男が現れて、「言い忘れてけど一ヶ月前ぐらいからお前に呪いかけてたわ」とか言われてもうっかり信じてしまいそうな日々を過ごしております。俺たちの夏はまだまだ始まったばかりだぜ。

 BONESを視聴中。アメリカのドラマが引きが強くて素晴らしいのですが、これは基本的に一話完結。だから次週への引っ張りはないものの、冒頭でのインパクトは他のドラマの追随を許しません。あと次回予告がワクワク。でも登場するのは腐乱死体ばっかりという。
 腐った死体を虫が食べてるシーンも平気で見られます、という人にはお勧めのドラマです。間違っても食事中に見るものではないけど、まぁ慣れてしまえばサラミを食べながらでも楽しく視聴できるようになりますよ。
 このインパクトや構成は取り込みたいところです。
 問題は次のシーズンを見るかどうか。アメリカのドラマはシーズン1に比べて2や3はいきなり劣化すると相場で決まっているからなあ。
 いやはや。
  1. 2011/08/07(日) 19:51:30|
  2. TV
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

プロフィール

八重結界

Author:八重結界
ノーマルシューター。でも神奈子様は苦手。
諏訪子様と小傘とお燐とお嬢様がいればそれで良い。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。