白の色鉛筆

需要と供給が成り立っていない存在

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ううむ、京都か

 京都行きまであと10日。まったく現実味がないせいか、まだカタログチェックもしていません。
 最低限のホテルの予約はしているものの、なんでしょうか。自分が京都に行くという光景が想像できないのは。去年行ったのに、まったく。
 遠足の一週間前ぐらいは、そういえばこんな感じだったのかなあと思い出す。さすがに昔のことすぎて覚えていませんが、少なくとも前日の高揚感が異常だったのはしっかりと身体に残っています。だから今はこんな風に言っていますけど、きっと前日は妙なテンションではしゃいでいるのでしょうね。
 香霖堂、あっちで買えるといいな。我が地方では発売したところで、絶対に入手できるわけもなく。かといって通販だと単品は頼みにくい。
 日本橋頼みになりそうな予感を抱えつつも、ニコニコで動画を視聴するのでした。まる。
スポンサーサイト
  1. 2010/09/29(水) 23:12:54|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

すごい無計画性だ……

 今年は長編の年だなどと意気込み、密かに執筆を続けておりました。なにせ次は無印99作品。そして前後編なら見えてくるのが無印100作品目という記念的な数字なのです。そりゃあ気合いだって入ろうというもの。
 まぁ、結論として年内の公開は無理なんですけどね。前編だけで創想話最長とか、いくらなんでもありえん。とりあえず完成したら削ることから始めないと駄目ですね。いやはや。前編の起承転結の転がクライマックスでこの有様なら、更にボリューム増を予定している後編はどうなるか。今から恐ろしい限りです。

 そんなこんなで短編をしこしこと制作中。今年中にあと五本ぐらい出せるといいな。
 ちなみに、ちゃっかりるいとものFDをクリアしました。央輝ルートに身悶える日々。なにあの子、可愛すぎるじゃない。
 まぁ、一番可愛かったのは智でしたがね!
  1. 2010/09/28(火) 23:41:19|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

天候さんは本当に空気が読めない御方

 どこぞの大佐のように目がー目がーと苦しんでいました。まぁ、ようやく落ち着いてきたわけですが。
 しかしながら気が付けば肌寒い日々。夏から冬にというのも、あながちデマではないようです。
 我が家では早くもコタツが登場しましたけど、さすがに早急すぎやしないかと。空気の読めない天候さんは、おそらく10月が近いのに30度越えとかしそうだから怖い。ここはもうそろそろ寒くなっても良いんですよと言おうものなら、今度は氷点下にしかねない⑨っぷりな為に迂闊なことも言えず。
 そういえば、今年は雨も少なかったようですね。農作物に多大な影響を及ぼしております。むしろ暑さよりも雨の少なさが問題で。我がサツマイモも例年なら豊穣の気配を見せるのですが、今年はその素振りも見せず。何でしょう、昨今は微妙に廃れてギャグの領域に達しつつあるツンデレを習得したのでしょうか。現実世界のツンデレは鬱陶しいだけだというのに。
 食物繊維が豊富なのは良いとしても、ツンデレ要素が豊富となれば。これはもう焼却処分も辞さない考えですよ。
 まったく。

 そういえば第二回ニコ童祭が開催されていましたね。勿論、私も参加しました。見る側で。
 今年も力作揃いだから、良かったものを紹介していきたい心境。
 今から来年が楽しみだと言えば、きっと萃香や勇儀が笑うのでしょうね。だが楽しみだ。
  1. 2010/09/27(月) 00:07:47|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぎゃおー!!

 目がー、目がー。相変わらずの奮闘中です。
 くしゃみや鼻水が出ていない時は単なるドライアイではないかという噂もありますが、なんにせよ辛いものは辛い。そろそろ目薬の導入が検討され始めました。うがぁ。
 目が痒いなら瞑ればいいんだと考え、見事に頭をぶつけましたけど私は元気です。
 嘘だけど。
  1. 2010/09/21(火) 23:21:19|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

終わりなき戦い

 飽くなき花粉症との戦い。今のところ連敗続きでございます。
 完治は不可能としても、せめて症状が和らいでくれないと。ただでさえ働かない頭がますますサボりがちに。
 目も痒いし、鼻水も止まらないし、くしゃみも自重してくれません。
 まったく、もう。これだから花粉症は困る。
 うぎぎ。
  1. 2010/09/18(土) 23:50:33|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

睡魔VS睡魔

 気が付くと時間を忘れるほど夢中になるものがあるのは素晴らしい。
 そんな気分で睡魔と戦っております。頭痛が痛い。

 めっきり涼しくなって参りましたが、お天気予報のお姉さんは嬉しそうにもうすぐまた暑くなりますからと言っていました。ちゃうねん。
 しかしながら秋到来ですよ。読書の秋、食欲の秋、スポーツの秋。なにも秋じゃなくても出来るものばかりじゃないかと言ってしまいたくなる衝動を抑え、ここは一つ執筆の秋に変えようじゃないかと宣言したくなるのは物書きの性なんでしょうか。
 誓って守られる人間は、誓わなくても守られる。そう思うんですけど。
 はてさて、実際はどうなのか。
 もうすぐ紅楼夢の現在。ここから私がどう動くのか、今後の動向に注目したいと思います。
  1. 2010/09/16(木) 01:05:09|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

難航教育

 昭和初期のお勉強。若槻-田中-濱口内閣を復習中。
 何分、中高は怠惰を信条に生きていたので歴史の授業など記憶にあるわけもなく。そもそも教師からしてプリントを配り、それを読み上げるだけというやる気の無さでしたから。印象に残るはずも無いわけで。
 しかしながら、やはり人間。興味が湧いてくれば自然と学びたくなるものです。だからといって全て覚えようとしたら、それはそれで辛い。まずはゆっくりと、基本となる本筋だけを覚えるとしましょう。いきなり肉付けの部分まで手を伸ばそうとすれば、ただでさえ脆い脳みそがパンクしてしまいます。
 歴史の流れを追いかけ、主要人物の繋がりを押さえつつ、事件について学ぶと。
 世界にあるのは日本国だけじゃありませんから、当然のように世界の流れにも目を向けないといけないわけで。現代社会の国際化にすら置いて行かれつつ私が、どこまで把握できるのか甚だ疑問ですが、やれるだけのことはやりましょう。知れば知るほど興味が湧いてきますし。
 こういう教育が出来れば良いんですけど、個人差というのは大きいんでしょうね。歴史に興味のある人もいれば、数学や科学に興味のある人だっている。そこを踏まえつつ個人的な教育が出来るほど、教師の数も質も予算すらも有るわけがないという。
 世知辛いけれど、出来る範囲で出来ることをするというのは大事なのです。
 才能に厳しい国、日本。まぁ、これは教育制度が云々というより、国民性みたいなものなんでしょうけど。
 いやはや、人間は進歩しないなあ。
  1. 2010/09/13(月) 21:53:06|
  2. 思考
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

幻想郷策士のパターン

 幻想郷策士メモ。
 文ちゃんは臨機応変型。目的達成の為に幾本かの大まかな道筋を作っている。基本的に大雑把なものだから、いくらでも変更が効くし、場合によっては全く新しい道を建設可能。頭の回転では幻想郷随一だが、しっかりと根を張った根回し型の作戦には弱い。
 永琳は並行型。無数の細かな作戦を立て、状況に応じて最適な作戦を選ぶ。臨機応変する必要がないくらいの作戦数で奇策から凡策まで幅広く取りそろえている。だが万が一に予想外の対応をされると途端に対処が出来なくなる。
 ナズーリンは一点集中型。あらかじめ一つの作戦を立て、それになるべく沿うように実行していく。修正が効く範囲でなら対処可能ではあるけれど、修正不可能なほどの打撃を加えられると終了する。
 諏訪子様は根回し型。一つの目標に沿うという意味ではナズと同じだが、地盤固めを重視するのがこのパターン。さながら鉄道と機関車を製作するように、一度走り出したら止めるのは文や永琳でも難しい。だが地盤固めの最中に妨害されると計画そのものがあっさりと破綻する。
 パチュリーは気まぐれ型。これといったパターンもなく、知識や気分で適当に作戦を立てていく。一応は修正したり成功するよう努力しているけれど、矛盾があっても割と無視したりするから困る。
  1. 2010/09/12(日) 21:30:41|
  2. 東方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

動画紹介 9月の乱

 突発的動画紹介のコーナー。
 上はマジ天子。下は激動の昭和初期を東方で。少なくとも学校の授業よりは分かりやすかったです。

 
 
 
 
 

  1. 2010/09/11(土) 21:48:14|
  2. ニコニコ動画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

怖いわけではない、怖いわけでは。うん。

 気が付けば人間ドックへ行ったことがないわけで。これはもう検査されたら即入院の可能性も高まってきました。
 まぁ、生きませんけど。おっと誤字。

 胃カメラというものがあるそうです。何やら恐ろしい字面で、おまけに実際の行為も嗚咽は必至と。数々の猛者を涙目にした奴ですが、現代医学の発展による小型のカプセルの導入も検討されているんだとか。近所の病院で実施されることになったら、私もいよいよ人間ドックに参戦しようかと思っています。
 直腸検査という単語も浮かんできましたが、そちらもまぁ現代科学の力で何とか。
 高血圧気味なのか低血圧気味なのか。それすらも分からない生活。
 勘と憶測でどこまで行けるのか。今後の私に注目したいと思います。
  1. 2010/09/09(木) 23:21:33|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

空腹がマッハ

 お茶漬けが好きです。唐突ですが。
 和風インスタンスという意味では、最強の組み合わせだと思っています。お茶とご飯。しかもそこに鮭とか海苔とか青菜とか、加えたい放題じゃないですか。正直、お粥よりもお茶漬け派なので。風邪や体調の悪い時はいつだってお茶漬けです。
 そしてこいつの最強にタチが悪い所は、想像すればするほど食べたくなるということ。夜にやってるお茶漬けのCMは規制すればいいと思います。
 ああ、お茶漬け食べたいなあ。

 おむすびとウィンナーと卵焼きの組み合わせもガチだと思っています。
 つまりご飯最高。
  1. 2010/09/08(水) 22:48:51|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

書いてないアピール-残暑編-

 本屋に行くと必ず棚を物色して、読みそうにない本も買ってしまう現象。
 江戸の用語辞典とか、果たしていつ役に立つのか疑問です。そうか、時代小説を買えばいいんだ。などと本末転倒な考えすら浮かび上がる昨今。
 ネットでの買い物は便利で楽なのですが、書店は書店で違った楽しみ方があると思うのです。まぁ、どっちも衝動買いしたくなるという魔物が潜んでいる部分は共通しているのですが。おお、こわいこわい。
 そろそろ積み本も崩していきたいところ。しかしシリーズものを読破して、気に入ろうものなら全巻買ってしまうのが玉に瑕。千里眼シリーズとか、古本じゃなかったらどれだけ財布が軽くなっていたことか。逆に古本の在庫があるのなら、一気に買ってもさほど懐は痛まないわけで。出版業界の方には申し訳ないですけど、やはり有って良かった古本業界と。そう思うのです。

 かといって新刊を疎かにするわけでもなく。めだかボックスの最新刊を買って参りました。
 いやあ、相変わらずの西尾節。少年漫画の王道というか、心をくすぐるポイントを押さえているというか。
 刀語を読んでいて思っていたのですが、西尾維新という作家さんは少年漫画に向いているのかもしれない。まぁ、あちらの結末はゲフンゲフンでしたけど。ああ、早くアニメが見たい。なにせ今月は汽口さんちの慚愧ちゃんですから。これはもう楽しみにしない方がおかしいわけで。
 心待ちにしつつ、気が付けば何も書いていない私でした。まる。
  1. 2010/09/07(火) 22:01:15|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

幻想郷の選挙制度

 9月なのに涼しくならない? じゃあ台風をぶつけまーす。
 気候さんの投げ槍っぷりが清々しく思えてきた今日この頃。勤勉な日本人は逆に、彼らの大雑把さを見習うべきではないでしょうか。まぁ、勤勉というよりは過労という言葉の方が似合ってるような気もしますが。そこまでしなければ喰っていけない現代社会。
 いやはや。一有権者として出来ることは投票ぐらいなもので、かといって見守るしかない民主党代表選挙。偉そうなことを言えた口ではありませんが、どっちにしたって……ねえ。

 幻想郷にも選挙制度が導入されるとしたら、確実に対象となるのは博麗の巫女でしょう。地位も権力もあるはずなのに、まったくそれを感じさせない我らが博麗霊夢ですが。それにしたって博麗の地位を羨んでいる人間はいるはずで。
 かなりの激戦が予想されますが、実は裏で糸をひいてる八雲紫の意志次第と。本当の政治は民衆の見えない裏側で行われているのだと、幻想郷でも教えてくれる一幕でありました。
 ちなみに萃香が立候補した瞬間、票を集める危険性があるので却下されたというのは有名な話。
 幻想郷も世知辛いのです。
  1. 2010/09/06(月) 23:53:32|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ぎゃおーは僕らの合言葉

 コンペやらラグナロク関連で色々と議論が活発化しているようで。
 流されるままの私にとっては、どうなるのかハラハラ状態。
 まぁ、もっと冷静にいこうやという気はしなくともないんですが。
 ぎゃおー。

・名無し妖怪弐世
>ななうたご購入ありがとうございます。
>『花と乙女に祝福を』は投げたけれど、今年中に再挑戦してみようかと。
>元々つまらなくて投げたわけでなく、単に仕事が忙しくなってやらなくなっただけですし。
  1. 2010/09/05(日) 22:23:53|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京都旅行-リベンジ- 一ヶ月前

 秋姉妹の焦燥感を肌で感じています。やべえ、秋やべえ。
 紅楼夢の際に泊まるホテルの予約も済ませましたし、来月には京都かと思うと胸が熱くなるのは何故でしょう。去年も行きましたが、やっぱり京都は良いもので。まぁ、紅楼夢の会場は大阪なわけですが。せっかくだから京都へ足を運ぼうとするのは、東方ファンならずとも当たり前の思考。
 ましてや東方ファンともなれば、聖地もとい縁深い土地へ赴きたくなるのは自然の理ではないでしょうか。貴船神社へもう一度訪れては見たいものの、はてさて今回は時間があるのかどうか。遠いですし、あそこ。しかしながら、あの空気は年に一度ぐらい吸っておきたいと思うのです。
 伏見稲荷は当然行きます。そして今年も迷います。これはもう宇宙の真理にも勝るとも劣らない、人類の起源よりも遙か昔から定められた必然なのです。友人には今年も涙を飲んで貰うことにしましょう。ちなみに前回は八重結界とかいう馬鹿な人が、定期のコースから外れて参拝からハイキングという非常にアグレッシブなスケジュールをこなす羽目に。
 分度器を持ち出したくなるほどの傾斜地を、汗水垂らしながら上ったのは良い思い出。勿論、今年も上ります。

 その後は平等院鳳凰堂で西日に邪魔されながらも写真を撮ったり、橋姫神社に訪れたり、意味もなく宇治の街をぶらぶらしたりしてました。あれはあれで良いものなんですが、今年は違う土地に訪れたい気持ちもあるのですよ。金閣寺とか、修学旅行の記憶がまったく無いので再訪したいところです。銀閣寺? ああ、そういう建物も有りましたね。
 清水寺や八坂神社は行きましたが、二条城は時間は諦めたわけで。リベンジと洒落込むのも良いかもしれません。
 ああ、こうやって計画を立てている時も楽しくてよろし。
 信貴山には是非とも行きたいけれど、あそこ京都じゃないしな……。どうなることやら、今から楽しみでなりません。
  1. 2010/09/04(土) 22:10:25|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

基礎は大事だよ

 スポーツの世界だと基礎が大事だと口を揃えて言うのに、芸術・文化の世界だと応用から入る人の多いこと多いこと。どちらも根底にあるのは基礎だと思うわけですが、どうなんでしょうね。
 無論、応用から入っているのに素晴らしい作品を作り上げる人達というのは確実に存在しています。そういうのを天才とか呼んだりするのかもしれませんが、こういう人達は例外ですので。例外を目指そうとすれば身を滅ぼすのは目に見えているわけで。
 起承転結がしっかりしていないと、起承転結を崩した話も書けないのです。土台工事、とても大事。

 ちなみに基礎にカンストは無いので、死ぬまで頑張って極めることは不可能。
 私もまだまだ努力が足りないし、永遠に努力なのです。
 諏訪子様メインで何か書きたい気分。
  1. 2010/09/03(金) 23:01:20|
  2. 思考
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

千早さん、まじ鬼畜

 おとぼく2をプレイ中。何というか、やっぱり女装ものはバレるシーンが肝だと思うのです。ミステリなら、さながら全てのトリックが明かされるシーンのように。
 そして、この手の作品には必ず初日でバレるというお約束もあるわけで。大概はメインヒロインではなくサブヒロインだったりするんですけどね。
 まぁ、要するに女装ものもっと増えろと。『花と乙女に祝福を』を投げたままの私が言える台詞じゃないんですが。
 百合のようで百合じゃないエロゲーはまだですか、と今後の業界に期待を寄せる。

 関係ないけど千早さんて鬼畜でSだね、と思った。
 大抵は引っ込み思案で流れやすい主人公ばかりなのに、この手のパターンは珍しいなと思ったり。いいぞ、もっとやれ。
  1. 2010/09/03(金) 00:24:37|
  2. PCゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さぁ、九月の始まりだ

 阿鼻叫喚の八月が終わり、阿鼻叫喚の九月が始まりました。気温的にもスケジュール的にも八月と大差ないあたり、まだまだ気を抜けない状態が続いております。しかしながらシュタインズゲートもクリアし、処女はお姉様に恋してる~2人のエルダー~も佳境に入ったわけで。そちら方面は少し落ち着けるのではないかと。
 少なくとも、るい智のFDが出るまでは。某作品は延期しましたし。
 執筆の方も再開したいなあと思いつつ、しかしながらシュタインズゲートの方も再プレイしたい気持ちもある。まぁ、最低でもパッチが出てきたらの話になりますが。トゥルーエンドのエピローグで強制終了とか、どんな嫌がらせだこんちくしょうめ。
 色々と語りたくはありますが、やっぱりパッチが出てきてからだなあと思う私であった。このままだと普通に20点ぐらいの作品ですよ、この野郎。ちなみにストーリーは普通に90点をオーバーするという。
 Ever17と比べても遜色ないぐらい凄い作品だったのは事実ですが、何はともあれマトモにプレイさせてくれと。そう言いたいわけです。

 しかし、今年はこれを越えるノベルゲーなんて出ないんだろうなあ。
 と、年末にいらぬプレッシャーをかけるだけのお仕事。
  1. 2010/09/01(水) 22:17:49|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

八重結界

Author:八重結界
ノーマルシューター。でも神奈子様は苦手。
諏訪子様と小傘とお燐とお嬢様がいればそれで良い。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。