白の色鉛筆

需要と供給が成り立っていない存在

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

こがさがさがさ

 読んだり読まなかったり。書いたり書かなかったり。
 そういう日々があってこそ、完成した時の喜びはひとしおなのです。
 具体的に言うと長編はモチベーションの維持が大変だということ。連載ものとか、よくやっていられるなと感心するやら尊敬するやら。私だったら全部書き終えた後じゃないと、間違いなく連載は続かないでしょう。
 (「・ω・)「 こがっ
スポンサーサイト
  1. 2010/03/31(水) 00:41:57|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

幸せのブルーバード

 バトミントン一式が見つかったので、友人を誘ってバトミントンをしようと企んでいます。そんな年かと言う声もありますが、バトミントンはプロもいるスポーツ。汗を流すことに違和感などあるはずもなく、そもそも風と雪が吹きすさぶ中で何をするつもりだと言われても根性の一言で片づけることが可能なのです。
 しかしながら、立地的に面倒くさい我が家。どう考えても出向くのは私の方なのでしょうね。
 いずれは引っ越したいものです。京都とか名所的に考えたら素敵なのだろうけど、多分引っ越したら巡らなくなると思います。高知にいた時も観光名所など行かなかったし、大阪に住んでいた頃も足を運ぶことはありませんでしたからね。まぁ、身近すぎると慣れてしまうのでしょうか。
 私の近所にも桜の名所がありますけど、もう行く気にもなれません。逆に人が多くなって道が通りづらいわけで。
 幸せの青い鳥なんて話を思い出します。いやはや、まったく。
  1. 2010/03/30(火) 00:36:31|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

百本分の足音

 コタツという魔物も、そろそろ魔力が枯渇する時期なのでしょうか。ごくまれに入らなくとも平気な日々が続くようになったものの、まだまだ朝や寒い日は存在している山間部。雨でも降ろうものなら必需品と言っても過言ではありません。まだ雪だって降ったし。
 しかしながら、夏もコタツというのはどだい無理な話。いつかは別れの時がやってくるのですけど、はてさていつにしたものか。最大の問題としては、このもっさり感。こたつ布団の広がりたるや、春先に活動を始める奴らからしてみれば密林にも匹敵するほどの隠れ家ともなるのです。
 そうです、百足です。田舎の百足ともなれば、もはや自重の二文字は見えず、噛まれた死ぬんじゃないかと思うぐらい不必要にでかいのです。正直、コタツ布団の影から姿を現したら大の大人でも悲鳴をあげたくなります。だからこそ、早めにコタツとテーブルに変えておきたいのですけど。
 機会を窺いながら、なんだか奴らが姿を現すまでコタツを重宝しそうな予感もしてきました。人間、やっぱり痛い目をみないと分からないのでしょうか。愚かだと知りつつも、今日もコタツでぬくぬくする私であったとさ。
 紅魔館にもコタツあるよ、きっと。
  1. 2010/03/28(日) 23:03:30|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

読もう週間

 書いたり、読んだり。忙しいけれど充実した日々を過ごしております。そう書けたら幸せだったんですけどね。
 普通に仕事したり、仕事したりしてました。花粉症のこの時期、外での作業は死を意味します。
 せめて花粉症が治ればと思うのですが、そんな特効薬があるはずもないわけで。
 誰か開発してくれないかと、切に願うのでありました。
 まる。
  1. 2010/03/28(日) 01:26:37|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

便利な言葉だよ、明日って!

 部屋の整理をしていたせいか、なんだかとてもホコリっぽい。まぁ、その整理にしたって本という最大の天敵によって作業の半分も終わっていないわけですが。
 もうこれも恒例行事みたいなものですから、慣れてしまいましたけど。
 明日は頑張ろうと誓ったところで、今日が既に26日なことに気が付く。
 うん、明日は頑張ろう……。
  1. 2010/03/26(金) 01:26:13|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

男になった小傘ちゃんもそれはそれで!

 ふらこい、れみふら。さて、さとりは何処へ行ったのやら。
 そんな感じの次回作を構想中。ネチョになる予定ですが、予定はいつだって未定なのです。この言葉を考えたには使用力を払っても良いと思う今日この頃です。ハウアーユー。
 振り向けば、我が机にはバカとテストと召喚獣が最新巻まで買い揃えられているわけで。こういう考えることなく読める話は大好物です。もう小難しいこととか一切忘れて、とにかく笑えば良いよという感じ。あと女装が多いですね。良いことだ。
 時折見せるギャグのセンスは、是非とも真似したいところですがセンスって真似ると大抵劣化しますからね。まぁ、参考ぐらいに止めておくのが良いでしょう。劣化を進化とはき違えようものなら、そりゃあ恐ろしい結末があなたを待ち受けていることでしょう。誰からも指摘ないという可能性もありますが、それはそれで悲劇。
 とりあえず秀吉が隣にいてくれるなら何でもいいや。そういえば東方にこういう女装キャラとか出てくればいいですねと思いつつ、ああ小傘ちゃんを男にすればいいのかという発想も有るのであった。つまり男キャラを女にするのではなく、女性キャラを男性にして更に女装させるというややこしさ。
 でも小傘ちゃんなら男でも問題ないのです。ヒャッハー。
  1. 2010/03/23(火) 23:50:17|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お嬢様のハイパーオリンピック

 (「・ω・)「ぎゃおー
  1. 2010/03/21(日) 22:31:11|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旅したい

 花粉症にやられ続ける毎日です。奴らの手強さは本当に異常。
 たまに微熱すらも出しやがるので、油断できない日々が続いています。まったく。

 初めてレポートみたいなものを書いたのですが、なんか思ったより難しいのですね。人がやってるのは簡単そうに見えるけれど、実は結構難易度が高いという。
 やってみて初めて分かる、先駆者達の労働力。
 こなれるほど書きたいものですが、そもそも旅があんまり出来ないという。次は紅楼夢の京都旅行なんでしょうけど、その前にちょっと博多へは行ってみたい気持ちもある。あと和歌山か三重。
 まぁ、あくまで願望ですから叶う予定はまったくないのですけどね。
 あーうー。
  1. 2010/03/18(木) 23:39:16|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京旅行~初日~

・初日
 広島から東京まで無意味に時間が掛かる為、眠い目を擦りながら五時に起床。支度をしながら車に乗り込み、一時間半かけて広島駅に到着。そこからは新幹線で4時間ほど快適な旅を過ごしていました。まぁ、殆ど寝ていたわけですが。
 そして東京着。わざわざ鹿児島からやってきた友人と合流したものの、何故か遅く出た友人の方が早く東京に着いているという不思議なことに。さすが飛行機。伊達に空を飛んでるわけじゃありません。

 とりあえず、私がかねてより行きたかった上野動物園へ行くことに。休日だけあってコインロッカーに空きはなく、どこか荷物を預けられるとこはないのかと探し求めていたら、早寝のうえに乗り物酔いしやすくて朝から何も食べていなかった結界がグロッキー状態に。
結界「何で動物とか見る必要があるの?」
友人「はぁ?」
 などと心温まるやり取りしつつも、上野動物園へ入場。獣臭さにまたやられ、ゲンナリ状態。本当に、私は何がしたかったのか今でもよく分かっていません。

 
 
 
 この水槽の手前にやたら大きなワニがいましたけど、あまりに大きすぎた為に驚いて撮影できず。

 
 
 
 
 うーぱーるーぱー。食べられるらしいです、こいつ。

 
 そしてハシビロコウさんにご挨拶。ずっと見てましたけど、この状態からまったく動きませんでした。
 ですが、さすがはハシビロコウさん。横顔なのに威圧感は凄まじいものがありました。

 
 
 
 
 ペンギンゾーン。結界は意味もなくペンギンが大好きです。

 
 こっちみんな。

 その後はライオンやトラを見つつも、微妙にテンションが低い二人でした。
 動物園の動物達は基本的になまけものなので、活発に動いてるのはオカピぐらいでした。カバに至ってはなんかでかいゴムのようで。あと休日なのでカップル&親子連れがとにかく多い。トラとかガラスの周りは人だかりで、ちらりと縞々が見えたぐらいです。
 あと工事が多かったので、シマウマの代わりに見えたのは緑のショベルカーでした。
 そんなこんなでゲンナリしつつも、もう一つの目的地であった国立科学博物館へ足を向けることに。こちらは二人とも大満足で、最初からこっち一本で行けば良かったねという結論に達しました。
 絡繰り人形とか初めて見ましたが、解説付きでなかなか勉強になりますし。全国各地の金山銀山の地図とかも面白かったです。次に東京へ行くことがあれば、是非ともこちらを満喫するまで楽しみたいところ。とにかく広いのに見るものが多すぎて、多分一日でも見尽くすことは不可能だと思います。
 そして、次はなのはさんの映画。しかし国立博物館で閉館ギリギリまでいた為に、上映まで間に合うかどうかかなり妖しいことになってました。
 まぁ、結局最初の数分ほどを見逃したものの、内容は最高の一言。やっぱり劇場で見ると迫力が違うのだと、改めて実感しました。あとなのはさんの攻撃は基本的に殺意が籠もっていると思うのですが、そこら辺はどうなんでしょう。
 なんてことを思いつつ、ホテルへ直行。友人と明日の打ち合わせをしつつ、例大祭に向けて睡眠をとるのでありました。
 二日目へ続く。
 
  1. 2010/03/16(火) 19:47:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

私の例大祭、これにて終了

 帰宅。とりあえずお酒を飲んで寝るのが吉だと思いました。
 今回は映画や博物館が中心の旅行だったので、基本的にデジカメの出番は少なめ。見返してみたら、殆どが同じ動物と機械でした。
 早くレポートが書けるといいなと思いつつも、そういえば京都旅行のもまだだったと思い出す。
 写真はアップロードしてるから、今月中には投稿できそうな予感。まぁ、こんな時期ともなれば見てくれる人の方が少ないでしょうけど遅くなったから仕方ないね。
 それじゃあ参加した皆様方、お疲れ様でした。そしてありがとう!
  1. 2010/03/15(月) 22:25:32|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京遠征

 そんなこんなで、ちょっくら東京まで行ってきます。
 例大祭に行かれる方は、会場でお見かけするかもしれませんね。とりあえず今日は動物園となのはさんだ……。
 体調に気を付けつつ、楽しい旅にしたいと思います。
 それでは、ノシ。
  1. 2010/03/13(土) 06:16:30|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もう幾つ寝ると例大祭

 東京でのスケジュール調整中。そして同時にカタログチェック中。
 明後日の今頃は東京なんだと思うと、不覚にもワクワクしてくるから面白い。
 ベトナムに行った時の大泉さんもこんな気持ちだったんでしょうか。
 まぁ、不安が殆どだったんでしょうけど。
  1. 2010/03/11(木) 23:17:01|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

戦いの序曲

 レティさんの真骨頂。本当の戦いはこれから始まる。
 そんなこんなで20cmほど積もりやがりました。どうしてくれましょうか、こんちくしょう。
 しかしこれだけ冷え込むと、はてさて例大祭の天候が気になります。さすがに雪ということはないにしても、この寒気はいつまで日本にいることやら。一応は金曜ぐらいから撤退するそうですけど、それでも日曜日が快晴で温かいとは限らないわけで。
 どういう着込み方をするのかで頭を悩ませそうです。どうせ、中に入ったら暑くなるんでしょうし。
 下手に着込むと汗だくで苦しむ。
 ううむ。
  1. 2010/03/09(火) 23:13:47|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

仕事中は大概ろくでもないことを考えています

 腰が痛いのこと。力仕事は苦手です。
 だったら頭脳労働は得意なのかと言われても、苦手ですと答えるしかないわけで。得意なことが仕事に出来たら、それはそれは素敵なことだと思うのです。スポーツ選手とかその極みだと思うけど、はてさて世の中でどれだけの人が実行できているのか。気になるところではありますが、アンケートでも採ってみないと分からないのが残念。
 小学校の時の作文が出てきまして、そこで将来の夢などを語っておりました。小説家だそうで。長い長い夢ですが、よくよく考えればこれだけ希望の潰えない職種というのも珍しいもので。仮に70ぐらいになっても、むしろここからが本番だと言えそうなのが怖い。
 まぁ、それは頭脳労働全般に言えることですが。ボケさえしなければ、いつまでも出来るお仕事。
 だがとりあえず、書かなければ始まらないという。何事も挑戦してからがスタートなのです。
 つまり幻想郷行けないからと諦めてはいけない、という結論に持っていこうとしましたが空しいので断念。この技術を確立できた人がいるならば、ノーベル二次元賞とかあげればいいと思うよ。
 賞金は手持ちが少ないので1万円で勘弁してください。などと、有りもしない妄想に浸るのでした。
 完。
  1. 2010/03/08(月) 23:27:41|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

没シュート

 気が付けばまじこいをフルコンプしていた土日。一体、私は何をしていたのでしょうか。一度クリアしたことのあるゲームを再コンプだなんて。
 まぁ、よくあることですが。何もこの時期にという気はします。
 まるで他人事。だが、それがいい。いや良くないし。
 シーシーレモンでも飲みながら、執筆を続けるのでありました。うむ、全没。
  1. 2010/03/07(日) 23:39:52|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

戦いの足音が聞こえてくる

 気が付けば例大祭もすぐそこ。カタログチェックがまったく終わっていない現状をどう見るのか、政界も注目しているそうです。
 しかしながら、どうしたものか。新作は欲しいけれど、そこに並ぶことは例大祭の終わりを意味するわけで。通販待ちになるでしょうね。
 かといって壁を回るのも時間が掛かるし、そもそもそれも通販で事足りる。やはり島を中心として行くべきか、それともちょっとは壁を残しておくべきか。さながら軍略会議にも似た知能戦が行われているのはいいですが、いざ会場に行くと熱気に負けて予定が予定でなくなるのが日常茶飯事。
 だからといって何もしないのは我慢ができず、やはりチェックを続けるのでありました。うむうむ。
  1. 2010/03/05(金) 00:17:31|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

この思い届け、カルピス

 もう眠いんだよパトラッシュ。そう言いながら横で寝ている犬の顔にココアをぶちまけたあの日。
 ルーベンスの絵とかもうどうでもよかった。反省はしていない。
 そんな捏造混じりの記憶が蘇ったり蘇らなかったりする冬ですが、いよいよ雛祭りですね。そう書いたところで、時刻は既に3月4日。終わってるよ、こんちくしょう。
 まぁ、ひな祭りだから特別に何かしたわけでもないのですけれど。
 いつものように食事をして、カルピス味のマシュマロを食べてみれば予想以上に濃くて一個でギブアップしてました。これは時間をかけて食べないといけない。さすがはカルピス。原液を入れたのかと思うほど甘かったです。
 いつかはカルピスの原液のように甘い話を書いたものの、そんな濃すぎる話はどうなんだろうと思い直したのでした。
 お嬢様にカルピスをぶちまけたいと言えば、卑猥な意味に取られかねない。だが待ってほしい。私はただ純粋に、カルピスの原液をかけたかっただけなのだと。
  1. 2010/03/04(木) 00:27:22|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

はやれーはやれー

 文と阿求を同じ部屋に放り込むと、ひたすらくだらない会話をして話が進まない法則。文レミは悪縁のような関係だと思っていますが、文阿求は基本的に天敵のようなものかと。
 でも一緒にいると話がはずむ。だからなるべく黙っているのだけど、たまに話し始めたら止まらない。
 なんだか普通の友人関係みたくなったきましたが、やっぱり二人は天敵であって欲しいという願望もあるのでした。
 あと文レミ流行れ。
  1. 2010/03/03(水) 00:02:39|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

八重結界

Author:八重結界
ノーマルシューター。でも神奈子様は苦手。
諏訪子様と小傘とお燐とお嬢様がいればそれで良い。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。