白の色鉛筆

需要と供給が成り立っていない存在

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

己との戦い

 気が付けば1月ももう終わり。やだ、時間ったら待ってくれないんだもん。
 軽く気持ち悪い発言も飛びだしたところで、いよいよ2月に突入です。
 当初のスケジュールの大幅に狂わせながらも、何とか戦っている毎日。本来ならプロット完成で、さあ執筆だという意気込みを語っているはずなのに私の前にある白いメモ帳は何なのかと。一ヶ月の推敲&校正期間は絶対に必要なので、2月の完成は最重要課題なのです。
 そしてよく考えてみれば、2月というのは短いもので。あっという間に過ぎゆく時間を惜しんでいたら、多分そのまま3月に突入。例大祭に合わせた東京遠征もありますし、このままだと非常にまずい状態なのは目に見えて明らか。
 ここはひとつ気を引き締めていかなければならないと決意を新たにしたところで、早速睡魔に負けるあたりはやる気がないと思われて仕方がないのですね。こういうのは自分で何とかするしかないので、とにかくモチベーションの維持が大事なのです。
 誰かの為ではない、自分の為だと。昭和の青春ドラマで多用されそうな台詞だって、惜しげもなく投入していかないと敗北は必至。
 まぁ、ちゃきちゃきとプロット立てていきましょうね。
 そう言いつつも、作品集100あたりには何か一作出したいと思う心も否定できないのでありました。記念日に弱い私。
 ぎゃーす。
スポンサーサイト
  1. 2010/01/31(日) 23:32:31|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

散髪が面倒派

 無駄に髪が長くなってきたので、そろそろ散髪に行かなければならないようです。
 面倒くさいので、あまり好きじゃないんですけどね散髪。そういう物臭が祟って、ある一定の時期だけは妙に髪が長い私。出来ることなら自分で切っておきたいものですが、そんな器用な真似が出来るはずもなく。
 仕方なく、床屋へと向かうのでした。
 ああ、予約もしないといけない。
 いや、だが待って欲しい。明日は一日中仕事だ。だとすれば出られるはずもなく、土日も土日で忙しい。
 こうしてまた、髪は伸びていくのでした。
  1. 2010/01/29(金) 01:11:47|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蓬莱の薬はどんな味なのか

 毎日お猪口一杯の日本酒を頂いて、執筆などを頑張っております。
 嘘です。飲むと書けない性質なので、書いてから飲む毎日でありました。酒は百薬の長という教えを守り、なるべく少量を心がけているのですが効果はあるんでしょうかね。まぁ、仮に無かったとしても止めるつもりは全く無いわけですが。
 そう考えると、さて蓬莱の薬とはどのような味がするのでしょう。
 良薬口に苦しという言葉もありますし、やっぱり想像を絶するような苦みがあるのか。はたまた、楽園の林檎のごとく甘いのか。不老不死の薬ですから、これまでの歴史には例がないわけです。
 だから全く一からの状態で推理せねばならず、何を言っても正解のようであり不正解のようでもあるわけで。
 こうなると、もう説得力のある者勝ちですね。
 かつての哲学者は声の大きい者が優れていたそうですが、やはり現代日本。ここは理知的な説得でもって相手を説き伏せたいものです。
 だからといって、私にそれが出来るとは思えませんが。蓬莱の薬、どんな味なんでしょうね。
 個人的には果物系の味がすると思ってます。柑橘系の酸味を強くしたような感じ。
 薬を舐めた妹紅はきっと、凄い顔をしていたのだと思えば微笑ましい。
  1. 2010/01/28(木) 00:24:12|
  2. 東方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

たまには過去を振り返ってみるのこと

 今日は楽しい一日だったので、満足しながら寝られそうです。
 明日も良い一日になればいいな、と思いました。
 なんだこの、小学生の作文。適当に書いてたら作文になるだなんて、これもまた一つの異変。
 ちなみに私は作文の駄目な例として大勢の前に晒しだされ、恥をかいた記憶があります。
 この恨み、忘れるものかと。
 今にして思えば、あれが小説を書き始めた切っ掛けなのかもしれませんね。私が執筆してる最大の原動力は見返してやるぞという負けん気ですから。
 そう思えば感謝すると思ったら大きな間違いだ、この野郎め。
 次に会ったらリアルファイトに発展しそうですけど、相手は体育教師なのでした。戦ったら確実に負ける。
 そもそも、何で体育教師が作文の講師をやっていたんだろう。不思議。
 別に体育教師が作文できないとかじゃなくて、普通は古文とか国語系の先生がしそうなものなのに。
 振り返ってみれば不思議なことって、この世には山ほどあるのでしょうね。
  1. 2010/01/27(水) 01:19:40|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぱーるーぱるりーぱるりら

 パルパル。妬ましいわけではなく、何となく言ってみたくなったのです。
 響きが良いですね、パルパル。
 気が付けば口ずさみたくなるような心地よさがあり、ともすれば誰もいないところで無意識に言っているのかもしれません。こいしじゃ、こいしの仕業じゃー!
 一度聞いたら頭から離れない歌しかり、こういう響きの良い言葉は大好きですね。
 パルパルパルリラ。
 みんなー死ねばーいいのにー。
 
  1. 2010/01/26(火) 01:00:33|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

葡萄ジュースばっかり飲んでる毎日

 苺が好きですが、食べ過ぎるとやっぱりお腹を壊すという話。
 程ほどという言葉を知りません。無知ゆえに。
 そういった点では妹様と同じなんでしょうが、だからといって妹様と同一視されるかと言えば有り得ないわけで。そもそも、同一視されるじゃないかと期待する時点で間違ってるような気もします。
 アイスを控えたら苺でブレイクする柔なお腹。
 それとも、単に酷使しすぎているだけなのか。疑問は尽きませんが、早く解決しておきたいところ。
 そう思いながら、やっぱり苺を食べる私であった。
 ちなみに一番好きなフルーツは葡萄です。フルーツ(笑)
  1. 2010/01/24(日) 00:01:48|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

うぼぁ

 河童のエロさに気付きつつある春。まだまだ冬ですが、そういう表現したくなるほど寒いのです。
 古来、言葉には力があると思われていたので、迂闊な発言は実現してしまうとされていました。ならばこそ、熱い熱いと言い続ければ本当に暑くなるのではないかと。そう思いはしましたが、実際に暑くなられると困るわけで。
 我が儘なものです、人間というのは。
 ちなみに誤字が増えているのは寒さのせいだと思うのですが、その辺りはどうなんでしょう。微妙な震えが打ち間違いを引き起こしているのか、それとも単に私の集中力が足りていないだけか。まぁ、前から誤字は多発していたので後者なんでしょうが、その場合はどうしたものか。
 何度も何度も見直して、他人にまで手伝って貰ったものが誤字続出というのは何かの呪いとしか思えない。とはいえ、具体的な解決方法もないのだから地道に頑張っていくしかないのです。作者がどれほど頑張ろうと、誤字があるのならこちらのミスでしかないわけですし。
 時間かけて頑張ろう……そう思うのでした。
  1. 2010/01/22(金) 22:42:26|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

読者としては新作を渇望する日々

 昨年は軽いギャグを書いていたので、今年はしっかりと書き込んだギャグに挑戦してみようかと思う次第で。まぁ、失敗すればただの冗長で終わるのですが。まだまだ先は長い。
 しかしながら、この技術を会得しておかないと夢の長編ギャグに挑戦することもままならないわけで。あっさりとした文章は短編に向いていますが、それをそのまま長編の世界に持っていくと軽い印象を与えてしまうのですよ。せっかくの長編。どうせなら、出来るだけ重厚感を与えたいと思う今日この頃。
 まぁ、そこへ至る道は辛く遠く険しいのですが。出来れば今年中に冬扇さんみたいな長編ギャグを書きたいものです。
 そして早く新作を読みたいものです。wkwk。
  1. 2010/01/21(木) 23:32:26|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ペンギンブーム到来

 何となくですが、ペンギン熱が急浮上。
 ペンギンを見たくなりました。
 これは解消しなければならないと、東京行きの中で動物園への訪問を決定。そして何故か水族館にも行くことに。
 例大祭がオマケではないかというスケジュールですが、どちらも楽しみなので問題なし。
 俺、ペンギンの写真撮ったら今度こそブログにアップするんだ……。
  1. 2010/01/21(木) 00:38:25|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

願望、そしてローソン

 いま気付きましたが、まだ水曜どうでしょうの最新作DVDを予約していなかったわけで。いつものペースで考えていたら、発売日を逃してしまいそうです。
 今回のはやたらと早かった気もしますが、まぁ内容が内容ですから。ボリューム的にはそこそこに見えるけれど、しかしラインナップは充実しているという魔力。シェフをDVDで見られる日が来るなんて、夢には思っていましたが。あと腹を割って話そうという名台詞もあるわけで、なかなかに楽しみです。
 ああ、これで予告編のBGMが……。

 ちなみにローソンは隣の市まで行かないとない罠。セブンイレブンの進出は激しいものの、ローソンさんはまだまだ手広くないようです。是非とも我が市に訪れて、定住して頂きたいところです。不便ですし、面倒くさいので。
 あと、個人的にはローソンのスパゲッティが一番好きでした。あのガーリックとチキンが乗ってる奴とか、かなりの頻度で食べていた記憶があります。また食べたいなあと思いつつ、予約に行ったら買うことにしましょう。
 問題は私が車の運転をするのが死ぬほど嫌いだと言うことと、電車で行こうとしたら駅まで自転車で二十五分。そこから超ローカル線特有の待ち時間があるという素敵仕様。どちらの選択肢を選ぶとしても、あまり愉快な事にはならないでしょうね。まぁ、バスで行くのが一番手っ取り早いのですが。
 ううむ。やっぱりローソンが来い。
  1. 2010/01/19(火) 22:43:52|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モチベ

 怒濤の長編ブームが私の中に訪れていましたが、静かに去っていきました。やっぱり今年も短編押しで行くのかもしれません。
 まぁ、宣言したことを守らないのは毎度のことですから。信用に値する発言ではないのですけど。
 とりあえず、地霊殿の長編はいつ書き上がるんだろう。本当。

 モチベーションというのは大事です。これが無ければ書けません。
 だからこそ、如何にしてこれを生み出すのか。そして、どうやって保つのかが大事になってきます。
 世界には誘惑が多く、自室ともなれば時間泥棒が一人や二人ぐらいはいるでしょう。そいつらと戦い、ようやく画面に向かったところでモチベーションが生まれるわけもなし。それで発声するのなら、毎日のように書き続けることができます。
 私の場合、大概は散歩したり入浴したり読書したりエロゲーしてる最中にネタを閃き、思いついたらなるべくすぐに書いています。ネタは鮮度が命ですから、後に回せば回すほど書く気が薄れていくのです。
 書き始めたら、そこからは勢いです。ある種の錯覚も必要になってきます。
 正直、自惚れながらじゃないとモチベーションを保つのは難しいです。これ、最高の物語じゃね、ぐらいのテンションが最適。まぁ、大概は後々になってそれが勘違いであると気付くのですけど。
 書いてる最中は傲慢なぐらいが丁度良いのです。
 そうして出来上がったものが、既に創想話に投稿されているという仕様。
 楽しんで頂けたのなら幸いです。
  1. 2010/01/19(火) 00:04:46|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第8回東方SSコンペ、終了のお知らせ

 コンペも無事終了しまして、改めて自分の作品について振り返ってみようという試み。
 まぁ、毎回の事ですけど。

・早苗心と秋の空
 ギミックには自信があったものの、まだまだ書き込みが足りなかったようで。精進を重ねていかないと駄目ですね。
 狐の嫁入りは確実にネタ被りするだろうと予想してしましたが、敢えて激戦区へ身を投じてみようかと思いました。結果は割と惨敗でしたが。構造はかなり気に入っています。単純ですし、分かりやすい。

・ところにより鮫が降るでしょう
 うん、駄洒落なんだ。すまない。
 某氏曰く、雨も降らなければ鮫も降らない作品。言われてみれば、これのどこに雨という要素があるのかは疑問。題材を生かすどころか殺してしまったようですが、10位に入れたので驚きの一言です。やっぱり短編ギャグは最後まで読んでくれる人が多いのでしょうか。まぁ、他の方の作品を見ていると必ずしもそうではないのでしょうけれど。

・唐傘雨音頭
 一番時間をかけて、一番苦労をした作品。友人にも誤字探しやらを手伝って貰いました。
 コンペはお祭りだと考えている人間なので、とにかく騒がしい物語を書いてみようかと。やたらめったらキャラが多いのはその為です。後はとにかく中身を詰めて、映画を見終わった後に感じる寂しさみたいなもの。あるいは祭りの後の余韻を感じさせるようにしたいなあと、そういう意図もありました。
 ただ改めて読み返したら、何で大岩に拘っていたのかは疑問です。あれ、別に無くても話は成立するんですよね。
 それと全体的な完成度ではまだまだ未熟の一言。投稿した前後では問題無かろうと自負していたのですが、一週間ぐらい経つとアラが出てくるわ出てくるわ。もうちょっと早く完成させたかったものです。次回も出すのならば、その点は気を付けましょう。


 これからコンペ作を読もうかという人がいるのならば、個人的には『あの夜のシューティング・スター』と『猫とこいしと涙雨と、暖かな復讐劇 』がお勧めです。何度も何度もプッシュしていますが、本当に感動した作品なんだから仕方ない。かつての『ジャパニーズサムライ・ミーツ・ガール1590』を思い出させるぐらいの感動が此処にありました。
 もう一つ、『首切り蓬莱人形』もお勧め作品です。不思議と何度も読み返したくなる魅力がありました。
 考えてみれば、今回は良作がかなり多かったようにも思えます。やはり分母が増えると、それだけ良い作品も増えるということなのでしょう。正直、他の作品が凄すぎて感想付け終わった後は落ち込んでいました。本当、コンペは地獄だぜ、ヒャッハー。
 でも面白い作品がこれだけ読めるのだから、ある意味では天国。次回は果たして、これ以上作品数が増えるのか減るのか。その点についても注目したいところです。
 何はともあれ、お疲れ様でした。
  1. 2010/01/18(月) 00:15:49|
  2. 東方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

乙!

 とりあえず、いま言えることはただ一つ。
 コンペに参加したみなさん、読んでくださった方々。そして主催者様。
 お疲れ様でした!
  1. 2010/01/17(日) 07:56:08|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

準備中

 電撃に向けてプロット制作中。なんだろう、どう考えてもペース配分を間違ってるような気もしますが。
 主に遅い感じで。
 出来れば推敲&校正に三ヶ月は欲しいところだけども、まぁなるようになるという心意気でやりましょう。悩んでいては何も書けない。書いてから考えよう。
 しかしながら、あれですよ。何を書いたものやら。
 一応、それなりに候補はあるのですが受賞できるのかと問われれば一次すら難しいという返答が。やはりインパクトのあるものが好ましいんでしょうけれど、そんなものが頻繁に訪れるほど優れた脳みそをしておらんのですよ。こやつめが。
 天から降り注いでくるのを待っていたら、天寿をまっとうしそうなので自力での解決を試みる所存。
 良いネタが思いつきますようにと、最後の最後まで神頼みをしながら床につくのでありました。
 夢で切っ掛けが掴めるのなら、人生とはかくも苦しいものではない。そう言った偉人がいるとか、いないとか。
  1. 2010/01/14(木) 23:49:34|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ファイティングレティ

 寒さも厳しくなり、外に出るのも億劫になってまいりました。まぁ、そもそも雪が外に出してくれないのですが。
 唯一のマイカーは雪に対しての装備がされておらず、ゴーしようものなら確実にスリップするという仕様。
 なんという恐ろしさ。懸命というか臆病というか、当然のごとく私は家に引きこもるのでした。
 ゆっくり読書などしつつ、十五日を待つだけの簡単なお仕事。
 うぎぎ。
  1. 2010/01/13(水) 23:12:40|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

げふぅ

 寒くてタイピングも面倒になってくる昨今。念波で執筆できないと日々考えております。
 まぁ、脳みそから直接PCに繋ぐことは可能らしいですけどね。以前、まる見えでやっていたような記憶があります。
 しかしそうなると、余計な思考も送り込まれてしまうのではないかと心配。気付いたら小傘ちゃんについて色々と語っている可能性もあるかもしれないわけで。何事も一長一短なのです。
 ラストスパートはまだまだ続くよ!
  1. 2010/01/12(火) 00:43:56|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うがぁー!

 早くもラストスパート。
 ここら辺から速度をあげていかないと、終わるものも終わらないという。
 唯一の救いは苦行ではなく、楽しいという一点。まぁ、これが無ければそもそも読まないのですけど。
 ああ、感想語りたい。
  1. 2010/01/11(月) 00:13:12|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

希望吐露

 ギャグの方向性が似たり寄ったりなので、新しい境地を開拓しようと模索中。なんか結果から見れば、さしていつもと変わりないように思えますが。要修行。
 まったく新しい紅魔館のギャグとか、思いついたら素敵だと思うのです。
 ハートfullこーまかんとか、紅魔館の不愉快な仲間たちとか、初めて見たときはかなりの衝撃を受けましたし。まぁ、やりすぎて東方でやる意味あんのかと言われるのも覚悟の上で何か一本ぐらい書いてみたいものです。
  1. 2010/01/10(日) 01:16:35|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬眠してえ

 冬場にやたらと眠くなるのは、生物的に冬眠を求めているからだと判断してます。みんな熊になればいい。
 そういえば諏訪子様達って冬眠するでしょうかね。神様なんだからするわけないだろ、と言われればそれまでですが。
 別に蛇や蛙の化身ってわけでもないですし。でもするとしたら、早苗さんが全部準備とかしてるんでしょうね。
 それ以前に、冬眠するということは栄養を蓄えるわけで。肥えに肥えた諏訪子様や神奈子が……。
 この辺りで想像を止めておくのが、懸命な判断というものです。
 ちなみに今回の人気投票は割と簡単にキャラが決まりそうだと思っていたら、曲という難題があったことを思い出しました。七曲とか……絞れるんだろうか。キャラは諏訪子様、小傘ちゃん、お嬢様、お燐、ナズーリンで固定なのですが。ううむ、ううむ。


 そういえば、昔の一次作品もアップしてくださいというリクエストがあるようですが、どう考えても羞恥プレイなんで勘弁してください。しかし残念なことに私は羞恥プレイもいける口であった。まる。
http://www.geocities.jp/makiqx/karika.txt
 体裁とかはまったく整えていないバージョンなので、コピペして見やすいようにして貰えればいいと思います。お勧めは窓の中の物語。
 未熟とか面白くないという指摘は、胸の中にそっと仕舞っておいてください。


・リトルガール読みました。面白かったです。続きはまだですか?
>幽香はやっぱり大きい方が可愛いよね、という感じで一周してしまったようで。
>小さい幽香も有りだよね、と思うようになったら再開すると思います! 多分!
  1. 2010/01/09(土) 00:40:55|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

面白いといえば面白い

 ナイトミュージアム2を見ましたが、やっぱり2は1に勝てないと言うのか。どうしても続けると劣化が激しくなるわけで、どうにもちぐはぐな印象を受けました。
 それでもまぁ、とてつもない馬鹿映画ではありましたけどね。相変わらず、そういう方面では面白さが特化している。さすがにこの調子で3とかやられると飽きますが。
 あの石版があれば、うちに置いてある雛の人形が動くのかもしれない。そう思うと、いてもたってもいられなくなるから不思議です。
  1. 2010/01/07(木) 23:45:48|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

明日から本気出す

 酒が入ると何故か筆が進まない不思議。逆に進むという人もいっぱりいるそうですが、私はどうにもこうにもなりません。試しに書いてみると、文章的な意味で酷いものが出来上がります。
 ただ、ごく稀に冷たい日本酒の味に負けることもあるわけで。美味しいツマミが手に入った時などは、ついつい酒に手が伸びてしまうものです。いやはや。
 明日から頑張ると、自分を励ますだけの簡単なお仕事。
  1. 2010/01/05(火) 23:50:37|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

改めてお嬢様可愛いです

 秋は鬱になるものの、あまりにも鬱になりすぎて逆にハイテンション。それが私の秋姉妹のイメージですが、よくよく考えれば一次設定ガン無視でしたね。たまにマニュアルを見返して、これは一次設定だったんだと再確認している毎日です。
 たまに二次設定を一次だと思いこむこともありますが、なんにしろ恥をかくよりかはマシなことだと解釈しております。
 それにしても、いまにだお嬢様のぎゃおーが公式だなんて信じられない。あの凶器が振るわれた瞬間を、私はいまでも忘れないでしょう。
 カリスマが音を立てて崩れていく瞬間というのを、この耳で確かに聞いたような記憶があります。
 ぎゃおー、たべちゃうぞー!
 でも可愛らしさは倍率ドン。もう一つドン。
 コアリクイみたいなお嬢様も、可愛いと思います。
  1. 2010/01/05(火) 00:29:58|
  2. 東方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日も常識は守られています

 常識を疑うのは大事なことですが、常識すぎることは疑わない方がいいのかもしれません。
 そもそも何故服を着ているのかと疑ってかかり、ドロワーズ一丁で歩き回るお嬢様がいたら不思議だと思いませんか。私は思いません。どこぞのメイドと一緒に観察していることでしょう。そんなパラダイスがあればいい。
 まぁ、そうなれば生命を尊重する常識というか倫理も疑ってかかる馬鹿野郎がいそうなもので、下手をすれば我々の命すらも脅かされる危険性があるわけです。やっぱりある程度の常識は守った方がいいのですけど、そういった世の中でも破られてしまうのが常識。
 常識が完璧に守られているのなら、警察や法組織なんぞいらないのです。映姫様はお役御免ですと言ったものの、よくよく考えてみれば死後の裁判所なのだから必要と言えば必要ですし。ただ、無職になった映姫様というのは見てみたいかもしれません。
 クビになった映姫様はきっと、小町に養われながら自らの境遇に不満を持ち、何とかして職に就こうと努力する。最終的には紅魔館に拾われ、メイド服を着る映姫様が幻想郷では見られるようになったという。最後は完全に私の趣味ですが、そういう落ち着き方も有りだと思います。
 この妄想がどこかのSS書きに伝わって、作品という形になれば良いと願いつつ、今日も布団の中に入るのでした。
 どうでもいい話ですが、ドロワーズ一丁ってさしてエロくないですね。わりと、本気で。
  1. 2010/01/03(日) 22:32:42|
  2. 東方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年はいい年になりそうだ

 第四回東方M-1を通しで二回見たあと、うみねこをクリアという充実っぷり。
 今日はこの余韻を大切にしたまま、布団へ入ることにしましょう。
 ヒャッハー。
  1. 2010/01/02(土) 22:17:06|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年の抱負2009

 あけましておめでとうございます。
 日本経済はまだまだ暗雲立ちこめておりますが、今年こそは明るくいきたいものですね。いや、本当に。

 何はともあれ元旦です。なればこそ、ここは一つ抱負でも語ってみようかと。
 まぁ、去年と大して変わらないと思いますが。やはり受賞と。
 昨年は殆ど新作らしきものも書けず、まともに投稿もできませんでしたから今年こそはこちらの話題も明るい報告ができるよう努力する次第であります。取り急いでは電撃大賞。そろそろプロットを固めて、書き始めなければいけない時期に来ていますが、読みたいものもまだまだ残っているという状況。
 そして、うみねこ。これらを片づけてから、早速取りかかろうと思っていますゆえに。

 もう一つの抱負を語るとするならば、今年はキャラ考察に踏み込んだSSを多く書いていこうかと。
 創想話で言うならば、人魚姫のスペルカードあたりでしょうか。あんなようなSSを沢山書いて、キャラについてもっと深く斬り込んでいきたいものです。
 第一弾は小傘ちゃんにしましょうか。あの外見には思うところが一杯あるので。
 そんなこんなで、今年もよろしくおねがいします。
 あーうー。
  1. 2010/01/02(土) 00:04:11|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

八重結界

Author:八重結界
ノーマルシューター。でも神奈子様は苦手。
諏訪子様と小傘とお燐とお嬢様がいればそれで良い。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。