白の色鉛筆

需要と供給が成り立っていない存在

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2009年お勧め動画 東方



 まさかの展開。だけど妙に納得してしまう設定。
 そして紫と幽香が無性に可愛い。勿論、小傘ちゃんも可愛いです。




 気付いたら首を動かしている。そして疲れる。
 動きもさることながら、その音楽もかなり良い。




 電気笛、萃夢想バージョン。お嬢様登場のシーンは格好良くて、何度も繰り返し見てしまった。
 それにしてもスク水はジャスティスすぎる。




 2009年のじゃないけれどお勧め。
 チルノが馬鹿格好良かったり、レティが格好良かったり、そして何よりもルーミアが格好いい。
 ブラクラのような格好良さを見ました。




 八雲系も良いですが、その他のシリーズもお薦め。
 話の作り方は見習いたいところ。この切れ味は、どうやったら手に入るんだろ。
 みんな目が死んでる。




 古き良き少年ジャンプのノリが大好きな人は、是非とも視聴して貰いたい。
 中二病バトル。だが、それがいい。




 実は一番黒いのが小悪魔という。




 妹様にピッタリの曲と絵。トライアングルを叩いてるお嬢様が不覚にもクリーンヒットでした。




 良いなあ、この絵柄。テンポよく絵が切り替わる動画は好きです。




 コスプレ守矢神社。神奈子のコスプレ三昧には胸躍るものがありました。




 チルノと魔理沙の仁義なき戦い三本勝負。
 ひょっとしたら私よりチルノの方が頭良いのかもしれない。




 一分間を何度も繰り返しているけど、全然中毒じゃないはず。




 シュールだけど切れ味は抜群。
 何故か甘いものに拘る美鈴とか、フルテンションシリーズとか、秋姉妹などの面白いシリーズが盛りだくさん。




 咲夜さんの気持ちが今なら分かる。これはビデオに撮って毎日眺めても飽きない。
 ドロチラとか、そんなレベルじゃない愛くるしさがありました。




 言わずと知れた大物動画。初めて見た時は感動すら覚えたものです。
 そうか、人間の表現力はここまで達していたのかと。




 咲夜さんの登場シーンが格好良すぎる。そしてパッチェさんお疲れ。




 ぎゃおー。なんと可愛らしいお嬢様か。




 ドット神。前作も凄かったが、今作も素晴らしい。
 カメラに近づくキャラ達の表情は、全部泣き顔だったけど凄いの一言。




 今年一番のお気に入り動画。美鈴の新たなる可能性。
 そして、おそらく一番気に入ったメイフラの形がここにある。
 小悪魔以外の全員が壊れていながら、それでも紅魔館としての形は保てていると思うんですが。
 既存の殻を破った、まったく新しい紅魔館。来年も新作に期待。
 
 
 
スポンサーサイト
  1. 2009/12/31(木) 21:28:29|
  2. ニコニコ動画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2009年お勧め動画 なんだこれ


 ここまでやられると感動すら覚えてしまう。何事も思い切ってやりきる事が大事だと思います。




 ブラック早苗さん。星で性格が歪んだと評判の早苗さんですが、この動画の早苗さんはそれ以上に歪んでます。
 諏訪子様の扱い酷すぎて吹いたかと思えば、神奈子の扱いはもっと悪かったという。




 ギリギリ理解できる範囲で理解できない。




 キャーイクサーン!




 パントマイムを思い出します。魔理沙との対比が面白い。




 見ているうちに何故だが頬を涙が伝う。感動できる要素なんて何処にもないはずなのに、不思議です。
 ここまで哀愁を誘うアリスというのも珍しいでしょう。だからといってシリアスなものを期待していると、見るのは痛い目だという。




 毒舌小悪魔と毒舌大妖精のコンビネーション。
 あるいはパチェこあと大チルの戦争。その激しさはキノコたけのこ論争にすら匹敵するそうです。




 もうちょっと合わせられただろうと、思わずツッコミを入れたくなる動画。
 所々が微妙に合ってたりするもんだから、その思いは強くなります。




 今年で最も理解できず、尚かつ最も笑った動画。もうシリーズ通して大好きです。
 このボケとツッコミのセンスは見習いたいものがあります。
 あと勇キスがエロい。とにかくエロい。
 そして椛は残念なことに。でも妖夢はもっと残念なことになっているというカオスっぷり。


  1. 2009/12/30(水) 23:40:04|
  2. ニコニコ動画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2009年お勧め動画 MUGEN


 タイトル通りに、それぞれアイテムを持ったキャラがチームを組んで相手のアイテムを奪うというランダムセレクトバトル。アイテム奪取の他にも、死亡システムやCPシステムなど要素が盛りだくさん。まぁ、そのぶん誤字はゲーsメスト並にゲフンゲフン。




 主人公とラスボス達が戦いあうのは良いのだけど、その戦力差がどう見ても終わってます。人数に差があったり、協力な門番キャラがいても絶望しか見えないのは何故だ。
 OPだけで悲壮感が漂うというのも、なかなかに珍しい。




 成長システム搭載。ランダムでチームを組み、どんどん成長していく。
 ちなみに上位陣は決勝トーナメントに進み、そのトーナメントでは残り時間%が成長という画期的なシステム。
 そのせいかどうかは知らないけれど、決勝トーナメントは全試合が名勝負なのでお勧め。




 空気王決定戦。いや、本当に。




 成長システムと大貧民システムを組み合わせたまったく新しい動画。成長したキャラが持って行かれたり、成長していないキャラがやってきたりという波乱が満載。
 化け物クラスがぞろぞろ現れ、先の展開が全く読めない試合も。でも、たまに読める試合もあったりするから面白い。




 幻想郷上空に突如として出現した浮遊島で、東方キャラ+版権キャラのタッグが陣取り合戦を繰り広げる。
 動画終盤に出てくる新聞は一見の価値あり。東方キャラが好きな私にはご褒美のような動画でした。というか、ご褒美だ。




 元祖大貧民システム搭載動画。やたらと強いキャラが持って行かれる悲しみが、この動画が発祥なのです。
 革命すると交換するキャラがランダムで選ばれる為、中には生きることにとんでもない執念を見せるキャラもいたりします。あとやたらとずる賢いキャラとかも健在。




 言わずと知れたゲージマックス動画。略してゲジマユ。
 それをタッグでやってみた第二弾。
 出た瞬間に優勝タッグがわかったものの、タッグならではの予想不可能な試合運びが魅力的。




 今年で、地味に一番好きだった動画。特段変わったシステムはないものの、何故か最後まで見てしまいました。
 シンプルも素敵だと思います。
 某キャラ無双。




 今年のものではないけれど、見ていない人は是非見られるといいです。
 泣きながら笑えるというのは、とても凄いことだと思います。本当に。
 ヤンデレアリスに食傷気味だった私も、この展開には思わずホロリ。異文化コミニュケーションって大事なんだなと改めて実感しました。



  1. 2009/12/29(火) 22:18:53|
  2. ニコニコ動画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2009年お勧め動画 歴史戦略ゲーム



 強くてニューゲーム。タイムリープ。この辺りの単語に反応される方は一見の価値有りです。
 さして縛りもなく、MでもSでもない物語重視の動画。




 カオス。この一言に尽きます。
 四人の関羽が責めてきても驚かなくなったり、クリーム色の軍師に慣れたあなたは立派な視聴者。




 縛りはないものの、激しいチートの連打が魅力的。ただ、だからといって味方にも利益もあるのだから一応は互角に戦えるはずなんですけど……。謎の技術が出る度に、何故か劣勢に追い込まれているという不思議。
 参戦作品もカオス。何作品出ているのか、正直把握しきれてません。
 紙芝居も面白いですが、それ以上にプレイしてる部分が面白い。誰か、このCPUを私にください。



  1. 2009/12/28(月) 20:58:35|
  2. ニコニコ動画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

選択余地のない選択肢

 年末は忙しいと言いつつも、ニコニコ動画はこまめにチェックしたりしてます。
 年末年始はニコニコ動画というのも、有りと言えば有り。まぁ、大晦日はガキ使を見てるんでしょうけど。
 マンネリ化してきたとはいえ、あれ以外にさして見るものがないのも事実。
 
・>>額の距離感十分百合百合しい作品だったと思いますよいつのまにか桃魔館に
 百合百合しく書いて、百合百合しく思って頂けたのなら嬉しい限りです。
 これからも頑張って百合を書いていきます。とりあえず、めーさく増えろ。
  1. 2009/12/28(月) 20:44:40|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うぎぎ

 今年も残すところ、あと三日。
 いよいよ人気が少なくなっていく気配を感じたり感じなかったり。
 購入した絶対魔王が思いの外合わなくて、妙に凹んだ年末でした。
  1. 2009/12/28(月) 00:58:44|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年の総括 後編

 後編です。
 ちなみに今年書いたものを合計したら、大体1200kbぐらいになりましとさ。
 来年はこれに質を伴わせたいところです。 [今年の総括 後編]の続きを読む
  1. 2009/12/26(土) 23:24:32|
  2. 東方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年の総括 前編

 今年も自作品の総括をばやってみました。無駄に数が多いので無印とコンペだけですが。
 タイトルをクリックをしたら作品に飛びます。
 去年のは去年の今ぐらいにやっているので、興味があるならそちらもどうぞ。
 
  [今年の総括 前編]の続きを読む
  1. 2009/12/26(土) 22:52:23|
  2. 東方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クリスマス

 メリークリスマス!
 と、たまには真面目な挨拶をしてみる。そういう日があったっていいじゃない。
  1. 2009/12/25(金) 23:42:59|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

狂乱の鐘

 クリスマスのSSを書こうとしたものの、なにか言いようのない空しさがこみ上げてきたので敢えなくお蔵入りとなりました。来年の春になったら書くと思います。ぎゃおー。
 出来ればあと一本ぐらいは今年中に投稿したいわけですが、はてさてどうなることか。出来れば今年最後の投稿ですから、時間をかけて書き上げたいところ。
 まぁ、もう一週間しかないんですけどね。今年。
 そう思うと、何やら時の流れが早いように感じますが振り返ってみればさほど早くもなかったわけで。色々なことがありましたね、と振り返るのはまだまだ早いか。
 除夜の鐘を乱打するプリズムリバー三姉妹の話とか、誰か書いてくれないものか期待しつつ今日という日を始めるのでした。連打、連打。
  1. 2009/12/24(木) 08:31:47|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ある意味では勝利

 基本的に暇な時間は夜だけなのですが、その時間も溜まったエロゲーやら積み本を消化していく毎日です。
 今のところは忍流に夢中。一週目は案外面白いかもしれないけど、これを二週しようとは思えないから困る。やりこみゲーとして見なかったら成功なんでしょうが、ソフトハウスキャラですからね。どうしても、そちらの方面に期待してしまうのはウィザーズクライマーや巣作りドラゴンという成功例があるがゆえでしょうか。

 もうすぐクリスマスです。海外では家族と過ごすのが当たり前だそうですので、いわば将来的には家族になるであろうカップルが過ごすのは至極当然のことだと思います。もう拒絶するのも疲れましたし、私が拒絶したところで世界はどうにも変わらないので白旗です。
 出来ることと言えばクリスマスSSを書くことぐらいですが、そもそも幻想郷にクリスマスってあるんだろうかと。まぁ、あそこには現代人が幻想郷入りしてますから、その巫女が教えたという論理が成り立つんでしょうが。それに、紫あたりも外の情報を仕入れてそうですし、そういった事が書かれた情報誌が香霖堂にあるのかもしれません。
 ああ、すっかり忘れていた。儚月抄の小説を予約してなかった……。
 い、今から間に合うはずだと信じてアマゾンにお願いしてきましょう。なにせ田舎。こんな辺境の書店にあるわけないし、あっても瞬殺でしょう。まったく、都会が妬ましい。パルパル。
  1. 2009/12/23(水) 08:51:29|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

安息の地はどこですか

 年末は無駄に忙しい法則。いやまぁ、法則でも何でもないんですが。
 落ち着いたら、また今年投稿した作品について色々と語ったりしたいものです。
 そう、落ち着いたら……
  1. 2009/12/20(日) 21:41:36|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

祈れ、祈れ

『東方の迷宮』を発掘し、『アリス2010』が届き、『9時間9人9の扉』を買いました。
 作業が停滞する準備はバッチリのようです。
 本当ならクリスマスに書きたいものが一本あったのだけれど、書けたら書くという書き初めレベルでの願い事になりましたとさ。
 うむ、それもまた良し。
 ちなみに、まだまだエロゲーは予約しているので続々と届くことでしょう。エロゲー買う為にお金を貯めていると言っても過言ではないくらいの勢いです。
 東京旅行とかは、まぁ、何とかなるでしょう。
 年末のビックな宝くじに当たるとかね! 乞うご期待!
  1. 2009/12/19(土) 23:49:18|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

装甲悪鬼村正クリア

 装甲悪鬼村正クリア。
 感想は以下に。
  [装甲悪鬼村正クリア]の続きを読む
  1. 2009/12/18(金) 02:07:15|
  2. PCゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水族館回遊症候群

 毎年毎年、四月前あたりから今年こそはカープの年だと意気込んでいたわけですが、まさか12月にして来期絶望になるだなんて。ただでさえ頼れる先発がいない中、果たして来年はどうなってしまうんでしょう。
 そんなこんなで早速暗雲が立ちこめ始めたわけですが、それでも密かな期待を抱いてしまうのはファンならではの心理なのでしょうね。具体的に何をどうすればAクラスに入られるのか、それすら見当も付きませんけど。

 京都旅行記、地味に編集中です。そして気付いたことは、大概の写真がピンぼけして使い物にならないということ。
 そして、思ったより要所要所の写真が少ないということでしょうか。思い出はあるのですが、やっぱり風景を撮った写真も残しておきたかったというのが本音。
 次の旅行は例大祭になりそうですが、その時はもっと写真を撮るようにしようじゃないかと心に決めるのでした。
 行くとしたら、やっぱり鎌倉でしょうか。個人的には少し遠出になりますが、日光に行ってみたい気分。東照宮は是非とも一度は見ておきたかったのです。まぁ、遠いしお金が掛かるのですけど。
 せっかく東京に行くのだから、例大祭だけで帰るのもなんですしね。だからといって東京の名所に行くのかと言えば、甚だ疑問でもあるのが困ったところ。秋葉原とか、さして行きたいような所でも無くなってしまったから残念無念。
 でも水族館なら行きたいかも!
 この年にして、何故か水族館に行きたい衝動に駆られ始めました。動物園では不可。やっぱり水族館に行ってみたいのです。
 願いが叶うのかどうか、とりあえず来年になってから考えましょう。
 今はとにかく今年を無事終えることだけに専念しましょう。本当、無事に終わって欲しいものです。
  1. 2009/12/17(木) 00:41:42|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アイスクリーム冬

 クリスマスや大晦日も近づき、冬コミの開催も間もなくとなってきました。当然の如く私は行きませんけど、多くの方々は突撃して寒さとの激しいバトルを繰り広げるのですね。もっともそれも中に入ってしまえば敵ではなく、今度はむしろ暑いぐらいだという不思議。
 かといって油断していれば、壁サークルの列が外に伸びていたりして、厳寒さんこんちにちという状況もあり得るから恐ろしいのです。夏の暑さも冬の寒さも御免ですし、何よりも帰省ラッシュと鉢合わせなのが痛い。
 乗車率が100%を越えた新幹線とか、もう二度と乗りたくないと胸に誓ったあの日でした。
 せめて実家が関東圏にあるのなら、今頃はカタログチェックなどをしていたんでしょうけど。生憎と中国地方の片田舎で今年もひっそりと暮らすことになるのでしょう。というか、そもそも大晦日も仕事だし。コミケなんか行けるわけねえよ、ちくしょう。
 大人しくうみねこでも注文して、新しき展開に驚いてるのが一番良いかと。
 そう考えてみると、例大祭や紅楼夢ってのは素敵な時期にあるのものです。春前と秋ですから。俄然、行く気が増すというものですね。
 例大祭は既にスケジュールを抑えているので、後はお金を貯めるだけだ……。コツコツと貯めるのも良いですけど、馬の駆けっこで一儲けできないかと淡い期待も抱いています。あと年末のジャンボな宝くじとか。
 奇跡って、起こらないから奇跡って言うんですよ。そんなことを言っていたアイスジャンキーを思い出しました。
 ああ、冬にアイスも素敵だな。
  1. 2009/12/16(水) 00:13:16|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

雪も間近

 村正もいよいよクライマックス。明日辺りにはクリアできるんじゃなかろうかと思ってます。
 今年もまた色々なものを総纏めにして、年末のお勧めでも語るのでしょうね。暇があればの話ですが。

 明日からいよいよ雪もちらつくそうで。冬を実感するのはいいんですが、路面の凍結だけは恐ろしい。
 気を付けることにしましょう。
  1. 2009/12/15(火) 00:54:53|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

痛い絵馬、文字だけ書くと何か攻撃的

12/11 23:29 罰、というよりは、それを見て不愉快になった人の思念が災いを降らす、みたいな事もありえるんじゃないでしょうか神奈子様とか、罰を与える方は絵馬見て笑ってそうな気がしますね
>やはり行き着くべきは、それを見て他人がどう思うかにあるわけで。神様が実在するとしても、そこはあまり気にしないんじゃないかという、まぁ人間の意見に過ぎないわけですけども。

 痛絵馬に関して思っていることがあるとすれば、それは目的外使用だからではないかという事です。絵馬とは願掛けの道具であり、いわば願いを書き込む為のもの。そこへ全く関係のないキャラクターの絵を描き、落書き帳か足跡張代わりの文字を書き込んだとしたら、果たして神職に就かれている方や地元住民がどう思うのかという一点に尽きると思います。
 言うなれば壁に落書きしているようなもので、決して愉快な思いをされはしないでしょう。
 だがしかし、と。それならば諏訪大社に諏訪子様の絵を描いた絵馬を吊すのはどうなのかと。勿論、真面目な願いを書き込んでいたらの話ですが。
 例えば『○○大学に受かりますように』という願いと一緒に諏訪子様が書かれていたら、果たしてそれは目的外使用に当たるのかと。絵馬の歴史を紐解けば、関連性のある範囲でなら割と自由に色々と書かれているようで。私が行った京都の伏見稲荷神社では、そもそも絵馬の形が狐だったりして珍しがっていたのを覚えています。
 確かに一般人の方には諏訪大社=洩矢諏訪子という方程式を知っいるわけもなく、理解できるはずがありません。しかしながら、一般に知られていないから許されざるものだというのは如何なものかと。少なくとも、一部の人間には理解できるわけですし、必ずしも無関係ということではないのですから。
 まぁ、ただ一つだけ言えることがあるとすれば望ましくないのは事実です。いかなる理屈を付けようと、そういったキャラクターが一般の人に受けいられているという現実はないのですから。叱るようなことでないとはしても、褒められた行為でないのは間違いないでしょう。
 そしてよくよく考えてみれば、諏訪大社で盛んに描かれているのは神奈子なんじゃないかと思ったり。私の頭の中ではすっかり諏訪大社=諏訪子様でした。
 いやはや、もうちょっと考えてみれば今度は違う結論に辿り着くかもしれませんね。何にしろ、痛絵馬に関してはまだまだ思うことが山盛りです。
  1. 2009/12/13(日) 21:06:01|
  2. 思考
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

起承転結の細分化

 たまには真面目な話をしてみるのも一興かもしれないと思い、創作論の話でもしてみようかと。ただ基本的に創作論というのは人のやり方を真似るのではなく、多くの人のやり方を見聞きして、それらを合わせたり変化させたりしながら自分なりのやり方を見つけるものだと思ったりしてます。だからまぁ、話半分に聞いてくれれば良いのです。

 私が小説を書く上で気を付けていることは、『起承転結』『幸福』『情報整理』の三つです。
 起承転結は説明するまでもなく、大概の方々はご存じのことだと思いますが、それを意識してる人は少ないのではないでしょうか。そもそも、あまり意識せずとも実践できるものですし。気が付いてみれば普通に起承転結が出来ていたというのは、よくある話。
 しかしながら、起承転結というのは大雑把なものなのです。それだけでは、正直いって話の全体像を捉えることは難しい。大まかな把握をしたいのならともかく、精密なストーリー管理をしようと思うのなら起承転結を四分化することをお勧めします。
 すなわち、『起承転結』の『起』を更に『起承転結』という風に分ける。『起の起、起の承、起の転、起の結』こんな感じで。あるいは『起の序、起の破、起の急』という三分割でも可。こうすることにより、構成の手間が色々と省けたりします。
 起承転結、あるいは序破急を入れ替えるだけで物語の起伏というものに彩りやインパクトが加わりますし、いきなり結から始まることで好奇心をそそることも出来たりするわけで。そういった整理をするのには起承転結の四分化がお勧めなのです。
 まぁ、面倒くさい人はとりあえず大まかなところを箇条書きにしたら良いと思います。他人に見せるプロットならともかく、自分用のプロットなら梗概の形をとる必要もないわけですし。箇条書きなら構成を弄るのも楽ですしね。

 残りの二つに関しては、またいずれ。気が向いた時にするでしょう。
 そういえば、おっぱいの文字に関してもまだ全部やっていなかった事を思い出す。気分屋はこれだから困ります。
  1. 2009/12/11(金) 22:33:43|
  2. 思考
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

空気を読んだ結果がこれだよ

 さてさて。時には立ち止まって自分の考えを整理することも割と大事な世の中です。
 人間というのは不思議な生き物で、流れによって意志を左右されることもあったりします。あれは悪だと皆が言うから、きっと悪に違いないと。
 そういった意味で私が色々と考えているのは、聖地を崇められる神社でよく見かける痛い絵馬。勿論、ここでの聖地とは普通の意味で使われる聖地じゃないと言おうとしたんですが、まぁあれも普遍的な意味での聖地ではあるわけで。とにかく、痛絵馬です。
 常識的に考えるのならば、神社にアニメの絵が描かれた絵馬をつり下げるなど罰当たり行為にも思えるのですが、はてさて、その行為のどこが罰当たりなのか具体的に考えてみると。色々と悩む部分はあるわけです。
 いまだ、結論は出ず。何かしらの思うところがあれば、また此処に書いたりもするんでしょうけど。
 世の中、答えのない疑問というのが山ほどありますから。はてさて。
  1. 2009/12/11(金) 00:55:10|
  2. 思考
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

もうちょっとで来年

 今年もあと僅かという事実を受け入れられず、俺たちの十二月はまだ始まったばかりだぜと早々に何かを終わらせようとする毎日です。そういえば大晦日の前にクリスマスもあるそうですが、西洋の行事には詳しくないので何をしたら良いのかさっぱり。
 とりあえず風神録でも神棚に供えておけばいいのかしら。後はまぁ、笹に短冊吊すぐらいか。
 出来ることなら今年中にあと何作かは書いておきたいものがあるのですけど、それもまあ気分次第という適当っぷり。
 次あたりは甘々な話も書いてみたいものですが、はてさてどうなることか。ネチョの方も書いてはいるのですが、完成はいまだ遠く。
 そして、買う物がないと言いつつ何作かはちゃっかりと予約しているエロゲーもあり。
 エロゲーで年を越しそうな勢いです。それもまた、おかし。
  1. 2009/12/08(火) 23:03:18|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

麻薬的なゲーム

 VenusBlood -DESIRE-プレイ中。難易度を一つあげただけで地獄やわ、このゲーム。
 ちなみに、やりこみはないなと言いながら既にもう三週目。どうしてこうなった……。
 ある程度システムがシンプルなほど、ゲームというのは面白いのかもしれません。
 まぁ、複雑なものも面白くはあるのですが。戦略の幅が広がりますからね。
 ただ複雑なものは大抵ごちゃごちゃしすぎて、終わってみれば面倒だったという印象を抱いてしまうものが多いわけで。そこらの感情を抱かせず、五週でも十週でもやっちゃうようなゲームを麻薬ゲーと言うのでしょう。
 別名、時間泥棒。気付いたら夜が明けていたとかザラです。
 皆様も、この手のゲームにはお気を付けください。凄い勢いで減っていきますから、時間。

・名無しさん
>誤字の指摘ありがとうございました。すぐさま修正しました。
>何とかして誤字脱字を無くしたいのですが、どうにも上手くいかない日々。精進が足りないね。
  1. 2009/12/07(月) 08:15:03|
  2. PCゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

紅とめだかボックス

 月の初めに纏めて本を買うのが癖になってしまいました。おかげで、こんな金額を払っていいのかよと思うこともしばしばです。それで面白い本が手に入るのならまだしも、ごく稀に半分以上がつまらなかったという大惨事もあるから困りもの。
 ちなみに今回のは軒並み楽しめました。まぁ、まだ小説の方はあまり手をつけていないのですけどね。件のスニーカー大賞の作品とか、買ったはいいけど食指が動きづらい罠。
 やたらと書店が紅をプッシュしていたので、とりあえず紅を四巻まで購入。主人公側の登場人物が殆ど女性なのには何か意味があるんでしょうか。いやまぁ、こういう設定は大好きなのですが。ただどことなく西尾維新っぽいなあとは思ったり。何でもかんでも西尾っぽいというのはどうかと思いますが、今のところでは似ていることは間違いないわけで。
 そういえば、西尾維新先生が原作のめだかボックスも購入したり。妙な期待をしていたせいか、驚くほど面白くはなかったですけど次もまた買おうと気にはなれました。やはり突き抜けたキャラクターが一人いると、作品自体が輝くような気もする。
 つまりこれは突き抜けたお嬢様を書けば、作品も自ずと光り出すという方程式。好きな人だけに、という限定条件付きですが。
 そろそろ紅魔館モノを書きたいところだけど、そろそろ出だしがワンパターンになりつつあるし、ここは別の方面から責めてみるべきなのかもしれませんね。まぁ、いまふと思いついた話は何故か守矢なのですけど。あーうー。
  1. 2009/12/06(日) 08:45:40|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

VenusBlood -DESIRE-プレイ中

 めっきり寒くなって参りました。皆様、いかがお過ごしでしょうか。
 夜はもうコタツから手を出すのも億劫なのですが、エロゲーやったり執筆する際にはどうしても外気に晒す必要があるわけで。コタツの中にマウスやらキーボードを設置してやろうかと考える毎日です。

 VenusBlood -DESIRE-を購入しまして、これは絵から判断して地雷の可能性もあるなあと思っていたら、案外遊べたりしました。まだ一週目なので、果たしてどこまでやりこめるのかという疑問はありますが、まあ多分二週したら飽きるでしょう。
 ある程度の戦略が決まってきたら、後はそれを突き通すだけですし。まぁ、そんな策略なんかは相手の女神の力によって粉砕されるんですけど。なんという宗教戦争。
 こちらも対抗して大技を決めてやろうとゲージを溜めていたら、全ゲージを吸収されたあげくに敵のHPが大回復したという。なんとも恐ろしい相手ですが、敵は強大なほど面白いのです。
 あとエロもなかなか。殆どが触手でしたけど、いわゆる悪堕ちが好みの人は買ってみると性癖にストライクの可能性があります。触手ですけど。
 とりあえず、来週中にはクリアして次は装甲悪鬼村正をプレイしたいところ。
 年末はニトロで熱くいきたいものです。
  1. 2009/12/05(土) 08:09:14|
  2. PCゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カオスもっと増えろ

 ひなやぼに続くカオス動画が革新勢から誕生しないかと楽しみにしている毎日です。三国志動画はわりとカオスフルなのが多いですけど、革新でそういうのはあまり見ない。まぁ、単に私がアイマス系統のを見ていないだけだから、本当はあるのかもしれませんけどね。
 ちなみに三国志動画でいま一番気になっているのは久遠戦記と幼女無双。特に久遠戦記は強くてニューゲーム話が好きな私にとっては大好物となっております。巫女さん細腕繁盛記が好きな理由も、それがあるからなんですけどね。
 東方でこういう話をやってみたいなと思ったものの、そもそも原作じたいがニューゲーム連打なわけで。コンテニュー連打なわけで。
 やるとしたらマブラヴみたいに一度どん底に突き落としてから、それを解決する為に強くてニューゲームという構成にしないといけないのですが、それはそれはかなりの長編になるわけです。さすがにそこまで書く気力はないです。
 誰かが何か上手い方法で、この悩みを解決してくれるのではないかと期待。
 希望を持つのは自由ですから。来年を楽しみに待っていましょう。
 そう言いつつ、今日もニコニコ動画をチェックするのでした。まる。
  1. 2009/12/04(金) 09:47:43|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おお、痛い痛い

 乾いた唇が腫れてきたあたり、いよいよ本格的に何かが始まろうとしている予感。
 病院に行けば治るかもしれないけれど、これしきで行くのも何だかなという気分です。それに、この季節の病院なんて風邪を貰いに行くようなもの。唇の腫れはひいたけど、おまけに風邪をひいたとか笑い話にもなりません。
 自然と治るのを待ちながら、ついつい気になって触ってしまう罠。
 絆創膏の匂いを嗅いでしまうような誘惑に、耐えられる人がいるのでしょうか。
 耐える人がいたら聖人としてあがめ奉りたいところ。
 うぎぎ。
  1. 2009/12/02(水) 22:53:01|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

年末ですが、案の定時間が離してくれません

 あれよあれよと十二月。どうでもいい話ですが、二日前に私の誕生日が過ぎ去っていったのでした。
 ちなみに自分へのご褒美はやっぱりエロゲー。装甲悪鬼村正は前から欲しかったので、この機会に購入してみました。まぁ、まだまだやる余裕は無いのですけど。
 さて、どれだけエロゲーをクリアできることやら。溜まった本やゲームも、やっておきたいところですしね。
 全ては時間の許す限りに。うぎぎ。
  1. 2009/12/01(火) 01:13:06|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

八重結界

Author:八重結界
ノーマルシューター。でも神奈子様は苦手。
諏訪子様と小傘とお燐とお嬢様がいればそれで良い。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。