白の色鉛筆

需要と供給が成り立っていない存在

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

複雑感情、人間怪奇

 グーパンチで殴られたら奥歯がとれた。そんな経験をしてみたいものですと書いたところで、さほどしたくもない事に気が付く。世の中、何でも見切り発車は良くないという好例です。
 曲がり角で可愛い転校生とぶつかるのも、あれはあれでかなり危険。漫画なら「あいたたた」で済みますけど、下手したら頭を強打して何かしらの障害が残る可能性もあります。頭部は案外脆いですからね。特に中が。
 憧れて実践する場合は、衝撃も視野に入れて計算しないと将来を棒に振る可能性があるので注意しましょう。
 今週のラッキー動作が開き直りの方は、是非ともそのまま突っ走って、いっそ相手方の腹に頭突きを噛ましてやる勢いで飛びだすと良いでしょう。裁判沙汰に発展すること間違いなし。思い人と長い付き合いになれます。法廷で。
 憎しみから始まる恋もあるというけれど、大概は憎しみのままで終わるわけで。そうそう感情が逆転することなんて、有りはしないのです。複雑なように見えて、根の部分ではシンプルな人間感情。
 でも結局は理解することができないのだから、やっぱり複雑怪奇な人間感情。
 人間ですらこれなのだから、妖怪の感情はもっと複雑なのだろうと考えてはみたものの、割とあちらの方がシンプルなのかもしれないと思い当たりました。鬼とか、河童とか、真っ直ぐそうだし。天狗はどうでしょう、そうそうに本心なんて見せてくれないと思いますが。
 そこら辺は本人に訊いてみるしかないようですね。まぁ、会う機会なんて一生かけてもないわけで。
 猿のこしかけあたりに座ってないかと、たまに思う日々がまた続くのでした。ぎゃおー。
スポンサーサイト
  1. 2009/07/30(木) 22:29:13|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

郷愁電波

 ラジオでGO!の2巻が発売されていたので、早速買ってきた今日この頃。相変わらず田舎では時間の流れがおかしいのか、発売日から一日や二日遅れで新刊が店頭に並ぶのです。たまに当日並ぶようなことがあれば、それはもう一大事。
 それにしても、ラジオでGO! なかなかどうして、面白い。
 こうなんというか、かつてラジオを聞いていた人にとっては懐かしさすらこみ上げてくるような話であります。特に電波が入り辛くて、ラジカセを持ち歩きながらベストポジションを探した経験がお有りの方がいたら私と握手。
 ちなみに我が家のベストポジションはキッチンでした。夏は蒸し暑く、冬は馬鹿寒い。そんな厳しい環境の中で、色々と聞いた記憶が蘇ってきたり。ああ、ドリカンは欠かさず毎週聞いてたなあと。
 あと葉書を読まれたいがために頑張ってみたりしたものの、結果は振るわず。その後、メール全盛期に入ってから、ようやく某有名ネットラジオでメールを読まれたものの、RNが中二病っぽく難しい漢字を多用したがために読めないと言われて軽く凹んだ黒歴史もあったりと。いやはや、色々な事を思い出してしまう作品でした。
 お勧め。
  1. 2009/07/29(水) 22:16:51|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

池田を見てると涙が出てくる

 調子にのるなよ、は池田に対しての褒め言葉。多分。
 そんなわけで、咲の最新刊を買って参りました。六巻ですね。
 やはりモモが一番可愛いということはさておき、池田の何かよく分からない可愛らしさにも注目したいところです。個人的にはリーチした後で衣に「はやくツモれよ」とか言ってるシーンが印象的でした。なんかこう、ウザいけど可愛い。
 そして基本的に報われない。全巻の回想シーンで、これはもう覚醒フラグだろうと思っていたらあっさりと無理だと諦めたりして、なかなかどうして面白いキャラだと思っていたわけで。これはもう今後の池田の活躍にも注目したいところです。
 いやまぁ、もう活躍とかできないんですけどね。どう考えても。
 でも、インパクトという点では大活躍したんではないでしょうか。あの化け物揃いの卓でよく戦えたものです。まったく。
  1. 2009/07/28(火) 22:13:55|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

傘キャラ選手権

 晴れろと思っておきながら、実際に晴れたらここまで照らすのはどうだろうと首を傾げることを我が儘と言います。お天道様だって、そりゃあ機嫌を損ねて雲の向こうに隠れますわ。ということで、明日からまた曇りだそうです。
 曇りならお嬢様も外に出られるだろうけど、だからといって曇りが好きなのかと聞かれれば否と答えそうな気はします。多分、晴れた夜が一番好きなんでしょう。雨が好きなキャラなんて、小傘ぐらいしかいないと思う。
 地味ににとりあたりも好きかもしれませんが、やっぱり雨と言えば傘。そして傘と言えば小傘。
 今までは紫やら幽香やらが傘キャラとしての地位を競い合っていましたが、これからは小傘の時代ですよ。これはもう、傘キャラ選手権とか開かれてもおかしくないレベル。
 出場者は小傘、紫、幽香、お嬢様。
 うん、小傘予選落ちだね。審査がどうとか以前に、フルボッコにされて泣きながら予選落ちだね。
 でもそんな小傘も可愛い。涙の似合うキャラというのは、本当に貴重だと思います。
 かさ、そうそう。
  1. 2009/07/27(月) 22:21:40|
  2. 東方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ただし趣は無い

 もうゴールしてもいいよねとか思ったら、ゴールが1km先だったというのは割とよくある話。それでも人間は挫折することなく、また1km走れたりするものです。まぁ、殆ど惰性の走行ですが。
 それでも走らないよりかは幾分もマシ。人間には二本の足があるのだから、とりあえず走ってみないことには始まらないのです。ぎゃおー。
 お嬢様は走らずに飛ぶことが出来るから楽だと思いもしましたが、飛ぶのは飛ぶので色々と苦労がありそうですね。隣の芝生は青いと言うけど、本当に青かったとしても自分には大して関係ないわけで。お嬢様が大変だからといって、咲夜さんの苦労が減ることもないのです。
 ううむ、適当に書きつづったら訳の分からない文章になりました。まぁ、いつものことと言えばいつものことですが。
 これもまた、いとおかし。
  1. 2009/07/26(日) 20:55:18|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大雨警報

 雨雲の辞書に自重という言葉はないようで。梅雨明けは何時だ……。
 もうそろそろ晴れ渡った青空が見たいところです。いや、本当に。
  1. 2009/07/26(日) 00:02:50|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラジオ体操は夏休みの義務

 今週の化物語がどうなるか気になりつつ、九時を越えたあたりから眠くなる健康的な身体。早起きに合わせて早寝になるのは、ある意味人間として当然のことなのかもしれません。
 だからって今時小学生だってもっと遅くに寝ると思うんですが、まぁ来月になったらまた普通の生活リズムに戻るでしょう。早寝早起きなんてのは、ラジオ体操で皆勤を目指してる奴に任せておけばいいのです。
 もっとも、そんな奴が現代にいるのかは不明ですが。私は皆勤だったけど、だからといって目指していたわけではないという。
  1. 2009/07/24(金) 21:12:37|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

槍が降ってきた

 まだだ、まだ慌てるような時間じゃない。ここ最近は、そんな感じの毎日です。
 急がば回れ。いややっぱ、急げ。
 来週を過ぎれば、きっと楽しい夏の生活が私を待っていることでしょう。そうでも思わなきゃ、やってられません。ヒャッハー。
  1. 2009/07/23(木) 21:29:25|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

だからどうした

 今月に入ってから、やたらとステルスモモで検索してくる人が増えました。さすがはアニメ化ということなのでしょうか。それとも桃の人気が高いゆえか。まさに独壇場っすね。

 そういえば、今日は何やら日食があったようで。普通に生活している分には体感することができませんでしたけど、分かるところでは分かるんでしょうか。まぁ、見たからどうだと言われれば台無しなんですけそ。
 芸術なんてのは、基本的にだからどうしたの部類に入るもので。さして生活に必要なわけでもなく、ただ美しいからとか、面白いからという目的で見たり聞いたりするものだと私は思うわけです。だから見てどうしたという質問は、あんまり意味が無いよなあと思いつつ、でもそこまで日食を見たいかと問われれば疑問。
 少なくとも大金叩いてまで見に行きたくはないわけで、それよりもオーロラが見てみたいものです。まぁ、結局はただの価値観の違いでしかないんですけどね。
 ああ、お嬢様とオーロラ見たい。
  1. 2009/07/22(水) 23:31:28|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

着物お燐

 雨に激しく攻められる毎日です。いい加減、一日中太陽が見たいところ。
 衣玖さんの活躍はまた、台風や夕立の時に拝見したいものです。いやはや。
 停電や落雷が怖くて、おちおちPCもつけられません。

 お燐は着物がよく似合う、というフレーズが唐突に思い浮かんだりしました。だからどうだという話ですが、これで何か一本書けないかと思案中。しかし得てして、こういったコスプレものはどうも書くのが苦手なようで。
 ただひたすらに魅力を語るだけなら、それこそもうブログでいいわけです。しかしより強くその魅力を語るならば、ある程度は物語形式にした方が多くの人の目にも止まるし、イメージしやすくなるのも事実。
 その辺りを踏まえて、何か一本仕上げたいところです。もっとも、星蓮船の体験版がそれを許してはくれないのですけどね。気が付いたらやっている不思議。
  1. 2009/07/21(火) 22:35:08|
  2. 東方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

度を過ぎれば毒

 ううむ、蒸し暑い。カラッとした暑さも苦手ですが、蒸し暑いのはもっと苦手です。
 肌にまとわりつく湿気。どこか身体も重くなったようななっていないような。そんな鬱陶しさに混じって、気温の上昇もまた私を苦しめるのです。
 暑いだけなら扇風機でも対処できるのですが、湿気となると湿気取りでも使わないと意味を成さないわけで。壁際では除湿機能も備えたエアコンが今や遅しと出番を待っているのですが、どうにも高給取りなので願わくば永遠に秘密兵器としてベンチを温めて貰いたいところです。
 初めてクーラーを使い、届いた明細書の電気料金で目を丸くしたのは良い思い出。便利だからといって使いすぎると毒になる。良い教訓でした。
  1. 2009/07/19(日) 23:28:41|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ただし意志は弱い

 早めに入浴するのが好きなので、大体六時には湯を張る私。しかし時計を見れば、まだ五時半。あと三十分ほど時間に猶予がありました。
 仕方がないので信長の野望革新していたら、いつのまにか七時を越えていたわけで。やりこみゲーはこれだから恐ろしい。
 戦国ランス、大番長、大悪司、Civ4あたりはもっと酷いことになってましたが。やりこみゲーは休憩として止めるのではなく、睡魔が限界に来たり、空腹で倒れそうになってから初めて寝たり食事をとったりするレベル。
 ネトゲーも危険だというけれど、やりこみゲーもそれなりに危険。ディスガイアとか、果たしてどれだけプレイしたのか。考えるだけで恐ろしいです。
 やりこみゲー、駄目。絶対。ごめん、多分。
  1. 2009/07/18(土) 23:47:20|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まぁ、そのうち

 カラムーチョを食べた翌朝は、胃の調子がグングニル。蛙のように飛びだしてもおかしくないんですが、それでも数ヶ月に一回ぐらいの頻度で食べたくなるのは何故でしょう。怖いと分かっていてもお化け屋敷に入ってしまう、そんな状況と似ている気がします。
 いま病院で検査を受けたら、確実に三個ぐらいは何かしらの病気に罹っていることでしょう。少なくとも高血圧は患ってる可能性が高いけど、素人考えじゃ当てにはなりません。だったら病院行けよという話ですが、まぁそのうち。
 実に便利な言葉だと思います。まぁ、そのうち。
 否定しているわけでもなく、さりとて肯定しているようでしていない。いつ行われるのかすら定かではなく、外国の方々からしてみれば答えたうちには入らないのでしょう。事実、答えてませんから。単なる先延ばしみたいなもんで、その間に答えを考えている人が大多数かと。あとは単に決断したくないから、その瞬間を先へ先へと送っているのか。
 いずれにせよ、即決を求める連中にはこれほど腹立たしい言葉もないでしょう。だったら、そういう時にどういう言葉を返せばいいのかよ、という話になります。
 それに関する明確な答えはあるのですが、まぁそのうちに。
 本当、便利な言葉ですね。
  1. 2009/07/17(金) 23:48:32|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画館で映画観たいな…

 そういえば、最近映画館で映画を観ていないという事に気付きました。
 自宅で観るのも気楽で良いですが、やはり大スクリーンかつ大音響で観てこそ面白さも倍増するのではないかと。そう思うわけです。
 まぁ、田舎なので当然のごとく映画館などという洒落たものはございません。だから観ようと思ってもそう簡単に観られるものじゃないんですけど、都心部にでも出た時には足を運んでみようかなぐらいには考えているのです。
 もっとも、この気持ちが長続きすればの話ですが。大概は忘れて、漫画喫茶で立ち読みできないような長い話を全巻読破したり、古書店に行ったり、何か買うわけでもないのに電化製品売り場にいたりするわけで。
 近くに映画館がある人に対して本当にパルスィな立地条件なのでした。

>適度に順調は~ いこのさん
・肩肘張って頑張らなくちゃ楽に生きられないこの世の中。どうにも矛盾してる気がしますけど、現実なんてのは案外そんなもんだと思ってます。
 とりあえずお身体に気をつけて。まぁ、あんまし人に言えた台詞じゃないのは確かですけど。ううむ。
  1. 2009/07/16(木) 22:48:39|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

適度に適当

 忙しい時ほど執筆が進み、暇な時ほど何も書かない。この理屈を逆に考えれば、すなわち何も書いていないのなら暇ということになります。
 お疲れの物書きに喧嘩を売ってるような結論です。何事も片一方が正しいからといって、もう片方も正しいわけではないということ。そもそも、前提が間違ってるなら導き出される結論も間違ったものになるのは当然というか。
 ちなみに無駄とも思えるほど長い期間執筆活動を続けてきたので、当然のごとく止めていく人も多く見てきたわけです。そういう人のパターンは大概、忙しくて書かない日が続いたら、それが当たり前になって自然消滅という感じ。変に書かなくちゃいけないと思ってる人ほど、この傾向が強いようです。
 確固たる目的があるだけに、それが守れなかったら一気にやる気が削がれるようで。
 好きなように書いてる人間ほど、案外長生きしちゃうものです。真面目も程ほどにというお話。
 つまり仕事も程ほどにすれば長生きが……できる世の中じゃないですね。
  1. 2009/07/15(水) 22:48:42|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

紅魔館の夏

 誰にだって、愛飲している飲み物はある。ちなみに私の愛飲しているものはセブンで売っている黒麦茶です。冷蔵庫にあるならば、一日に二本は飲んでいます。まぁ、夏になって消費量も増えてしまい常備するのは難しくなってきましたが。
 ただ、できることなら常備しておきたいファン精神。ダース単位で箱ごと買えないものかと、色々と思案中の毎日です。
 あるいは、もっとセブンが近くにあればいい。自転車で山道を片道三十分とか、気軽に買える距離じゃないし。田舎はこれだから困るのです。
 でも田舎にお嬢様が遊びに来る話は書いてみたいかも。でもよくよく考えてみたら、日光は天敵だから大概縁側でスイカ食べてたりするだけなんでしょうね。ああでも縁日や花火大会は夜だから、吸血鬼のテンションはMAXで面白いことになりそうな予感もあったり。
 夏が終わる頃に書いてみたいものです。
 微妙に書かないフラグが立ちました。
  1. 2009/07/14(火) 22:43:28|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

規則正しい朝がきた

 今朝、枕元のメモを見たら、妖夢「兄様」、という謎の書き置きが記されていました。妖精さんは自重しないので時々解読に困ります。
 ちなみに最近は妙に規則正しい生活をしているので、十二時前には眠くなり六時前には目覚める有様。色々と朝早くからすべき事があるので、自然と生活リズムも吊られてしまったんでしょう。やることが終わったら、多分というか確実に元の黙阿弥に戻る。
 人間、基本的には自堕落な生き物なのです。多分。
 どれだけ時を経ようとも、夏休みの宿題を最後の日まで溜めておく小学生はいなくならないのです。
 愚かだけど、それも人生。そして、それが〆切という恐ろしさ。どうせ大人になっても、〆切に追われるようになるんだから、若いうちに慣れておくのも手です。そう思えば、宿題を溜めるのも崇高な理念の元で行われているような気がしなくもない。
 自分への論理武装もまた、生きていく為には必要なものの一つなのです。いやはや。
  1. 2009/07/13(月) 21:58:19|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

電気製品とは仲良くやった方が吉

 さあ汗かきには過ごしにくい湿度と気温になってまいりました。常時、手元にチルノを置いておきたい衝動に駆られます。まぁ駆られたところで、チルノは現実には存在しないわけですが。
 かといって扇風機にチルノという名前を付ければ、それはそれで寒いことに。それを他人に知られたら、社会的にも寒いことになるのですが大っぴらに言わなければいいだけの話ですから。早々にばれることもないでしょう。
 そういうわけで、うちのチルノは常時フル稼働してます。チルノを冷やすチルノが欲しいという、多少本末転倒な思いも浮かんでは消えたり。何にせよ、これからは人間だけでなくPCなどの電気製品にも気を使ってやらねばならんわけです。
 下手にストライキを起こされたら、娯楽の八割が消失するわけですから。なるべく機嫌を損ねることなく、なあなあで付きあっていきたいものです。
  1. 2009/07/12(日) 23:49:04|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

仮眠→マジ寝の方程式

 ちょっと休憩。その一言が本眠り。
 仮眠のつもりで横になっていたら、いつのまにか朝になっていました。まぁ、こういう経験をした人は多いと思います。ただ、書きかけの小説だけが画面に残っている空しさは、いかんともしがたいところ。
 出来ることなら一気に書き上げて起きたかったものを、まったく睡魔め。
 などと責任転嫁しつつ、大人しく執筆作業に戻るのでした。うむ、でもまだ眠い。
 眠気を抑えるために、ちょっと仮眠してくるよ!
  1. 2009/07/11(土) 05:33:19|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まさにステルスモモの独壇場

 くくく、お前が倒したのは四天王の中でも最弱の奴。なんだかそう言われている気分です。ぎゃおー。
 かゆうまとか書き残して死ぬように眠りたい。しかしそれが許されない、かくも現実とは厳しい世界なのです。いやはや、疲れる。

 そういえば今期のアニメはまだ化物語しか見ていなかったなと。大正野球娘とか楽しみにしていたんですけど、どうせなら五話ぐらいまで録り溜めしてから見るのがいいかもしれません。
 あと咲はステルスモモが登場して、しかも一話丸々占拠してたんで、個人的には満足。ただちょいと回想がくどすぎやしないかねと、思わなくもない。でもステルスモモ可愛いよ。ここからはステルスモモの独壇場っす、はかなり気に入っている台詞の一つです。しかも強いし。
 どうでもいい話ですが、たまに天江衣と暴風雨の目羅が似てるように思えるから不思議。まぁ、どこが似てるのかと言われたら返答に困るわけですが。何となく。
  1. 2009/07/08(水) 21:55:32|
  2. TV
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

暗記パン収集中

 人間の記憶は一生をかけても使い切れないと聞いたけど、案外もう容量オーバーしてるんじゃないかと思ったり。暗記をしている時は、大概そんなことを思いつつ、覚えていたことを忘れていくものです。
 いやはや。暗記パン欲しい。
 人間、追いつめられるとドラえもんの道具が欲しくなるもので。本当にあればいいと思い始めるのも、大体この頃です。うむ。
  1. 2009/07/06(月) 23:51:49|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

化物語の一話を見たわけで

 化物語の一話を見て、思ったことをつらつらと。
 以下、ネタバレ有ります。
[化物語の一話を見たわけで]の続きを読む
  1. 2009/07/06(月) 00:02:02|
  2. TV
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

THE膝枕

 三つ編みを見たら引っ張りたくなるのは、一種の病気なのではないかと推測してみました。小学生の男子にありがちな病気で、一度は感染した事のある人も多いのではないでしょうか。ひょっとすると、今でも感染したままの学生や大人もちらほらいるのではないかと思われ。
 かくいう私もと書いたところで、さほど引っ張りたくもない事に気が付く。お燐が目の前にいたとして、果たして三つ編みを引っ張るだろうかと。いや、引っ張らない。
 というか、目の前にいたら三つ編みどころじゃないだろうに。確実に膝枕はして貰わなければ、おちおち死ぬこともできません。
 ちなみにここ最近のブログを見ていたら、やたら膝枕という単語が飛び交っていて驚き。飢えているんでしょうか、膝枕に。
 早苗さん、お燐あたりの膝枕なら幸せすぎて死ぬかもしれない。
 星の2ボスにはしてあげたい。そして三つ編み引っ張りたい。三つ編みじゃないけど、あったら確実に引っ張る。
 なかなか人間の心理というのは難しいものです。矛盾とか、日常茶飯事だぜ。
 ぎゃおー。
  1. 2009/07/04(土) 21:52:37|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

構想云念

 やたらと右の腰が痛いのは、何か良からぬフラグの前触れなのか。まぁ、なんにせよ休む間もないほど忙しいのは事実。せめて安息日が来ることを願いながら、微妙に執筆はしていたりする七月の始まり。
 とりあえず寝かせておいた85kbものを修正して、今週中には出したいものです。しかしどうしたものか、書き上げた期間よりも見直ししている時間の方が長い。
 執筆日数、三日。見直し日数、半年。
 合計すると半年ぐらいだから、やたらと壮大な小説になりそうな予感。倉庫で眠っていた期間も構想期間とかいって、水増しする映画ぐらい壮大な感じ。
 駄目な予感もひしひしとしてきました。
  1. 2009/07/03(金) 00:07:39|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏の紅魔館

 ようこそ七月へ。いよいよもって熱気が最高潮を迎えそうな季節がやってきました。まぁ、現段階でもかなり蒸し暑いわけですが、これは夏ではない。梅雨だ。
 寒いなら着込んで書けばいいわけですけど、脱ぐには限度があるので。汗だくになりなりながら書いた、去年の夏。まぁ、その状況だからこそ書けるものもあると信じておかないと色々と苦しい。ぎゃおー。
 そういえば紅魔館はひんやり涼しいそうですが、もしも暑さで充満したらお嬢様は薄着で出歩いたりするんでしょうか。咲夜さんあたりは平気な顔でメイド服を着てそうですけど。美鈴は確実にだらしない格好で、門のところにへばっているのが幻想できます。図書館は夏でもどうせ涼しい。
 ああ、紅魔館に行きたいなあと思いつつ、別に夏じゃなくても行きたいという事に気が付いた。
  1. 2009/07/01(水) 23:24:51|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

八重結界

Author:八重結界
ノーマルシューター。でも神奈子様は苦手。
諏訪子様と小傘とお燐とお嬢様がいればそれで良い。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。