白の色鉛筆

需要と供給が成り立っていない存在

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

巨大水曜どうでしょう

 私が通っていた専門学校には巨大なスクリーンがありました。映画館ほどというのは過剰ですが、金持ちが私室に持っていそうなぐらいはあります。
 具体的には高さが二メートル半。幅が四メートルぐらいの大きさ。
 色々な映画や資料映像をそこに映して授業していたわけですが、ある日、ふと思いました。

 これで水曜どうでしょうを見たら、凄く面白いんじゃねえ?

 夏休み。教室は開放していますが、やってくる生徒は殆どいません。勿論、学校側も開放しているだけで、見回りにすらやってはこない。
 絶好のチャンスです。
 私は友人と共謀して、前々から練っていた計画を実行に移しました。
 上映作品はジャングルリベンジ。 
 期待と期待に胸に膨らませ、期待のみで再生ボタンを押したところ――
 大爆笑。
 確かに水曜どうでしょうは面白い番組ですが、ここまで笑わなくてもいいだろうというぐらい笑ってしまいました。それこそ、思わず放屁してしまうぐらい。
 元々、どうでしょうは大泉氏のアップの多い番組ですから、巨大な画面でアップになると更に面白さが倍増。なにせ二メートル以上の顔面アップですからね。
 生涯を通して、これほどバラエティで笑うことはもう二度とないと思います。
 そしてその学校に機会が会って再び訪れた時、ふと思いました。

 この画面で東日本のなまはげのOPを流したら死ぬほど面白いんじゃねえ?

 私の戦いはまだまだ続くようです。
スポンサーサイト
  1. 2007/04/28(土) 23:44:25|
  2. 水曜どうでしょう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

箱根のみなさーん!!

 微妙に帰ってきました。でも五月に入ると同時にまた帰省。
 忙しいのか忙しくないのか、判断に困ります。
 ただ一つ、言えることがあるとすればアイマスの録画に失敗して一話ほど見逃したのが残念でしょうがないと。
 野球中継があるせいで、どうもこの時期の深夜アニメは不規則に始まっていけません。
 それもカープの試合で、勝ってくれるのならまだ収まり様もあるのですが。プレーオフになったようですが、依然として優勝に望み薄なのはどうかと思います。

 黒小山こと小山剛志さんのCDを買ってきました。真うたわれるもののテーマです。
 なんというか、アニメ界のWe Are The World。豪華な無駄遣いというか、後半のコーラスには笑いを堪えることができませんでした。
 ただの鼻歌がCD化するなんて、今の世の中何が起こるかわかりません。
  1. 2007/04/28(土) 23:35:46|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

広島に帰ります

 二時間ほどツンデレ喫茶はサービス業として成立するかを考えていました。結論はしない。そこに至る経緯は、書き始めたら長くなるので止め。
 各自、自分の胸の内で考えておくように。答え合わせは、多分死ぬ間際辺りに走馬燈で。

 というわけで、突然ですが二ヶ月ほど帰省してきます。完全に更新できないというわけではないのですが、頻度は今より落ちるはずです。
 なにせ、ネットができない家なもので。
 まぁ、ゼロの方も纏めて更新するような形でやっていくと思うんで、気長な目で、これからの二ヶ月をお楽しみください。

 最も利口な楽しみ方は、他のサイトを見ることですが。
 自虐的に締めてみました。いつものことです。
  1. 2007/04/12(木) 02:50:03|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

祝四周年ですが特に何もせず

 実は8日で本サイトの方が四周年を迎えます。
 ブログではたかだか一年ちょっとですが、あっちは無駄に長く続けてきたようです。
 継続は力なりと言いますが、特に力が備わったようには思えません。
  1. 2007/04/09(月) 00:59:01|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

航君航くんわったるく~ん!

 藍蘭島の感想がやたらと偉そうで辛口なのは、単にアイドルマスターの録画の失敗したからと思います。
 だからあらためて見たら……まぁ、二話に期待ということで。

 ちなみに「この青空に約束を―」も二話に期待したいところです。なまじ、他のキャストが原作と同じだけに、茜の声が目立つ目立つ。校長と教頭は別ですが。
 はてさて、どの辺りで違和感がなくなるか、ある意味で楽しみです。
  1. 2007/04/07(土) 20:34:19|
  2. TV
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

流されて藍蘭島は一話だけで満腹です

 新しくカウンターなぞを付けてみました。これで、どれだけこのブログに人が来ていないかわかります。
 不思議。人が来ることを知らせてくれるカウンターが、過疎化について教えてくれるなんて。教えて上白沢先生。

 さて、新作アニメです。新作アニメラッシュの時期がやって参りました。
 しかも、地上波、衛星のみならず、劇場でも色々と公開されるようで。いくら時間が会っても足りません。
 ちなみに、私は現在のところアイマスと藍蘭島とハヤテしか見ていません。後は録っているけど未消化中。
 といっても、マトモに見たのはアイマスだけです。他の二つは……まぁ、ねぇ。特に藍蘭島。
 原作ですら段々と辛くなっているというのに、アニメ版を気にいるわけがない。これで気に入る作品というのは、本当に稀です。
 とりあえず女の子出せば良いんじゃないかという、安易な発想の象徴みたいだなと。設定からして、女の子しかいない無人島に流れ着いた男の子という、それなんてエロゲ状態ですから。
 そりゃ、漫画版のネギまと一緒にするなと怒る人が出てくるわけです。誰が? 俺が。
  1. 2007/04/06(金) 00:31:00|
  2. TV
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

今後のゼロに関して大して重要でもないこと

 二次創作の方が滞っております。というか、半ば凍結状態。
 完全に行き詰まりました。なんとなく、途中で放棄してきた方達の気持ちがわかるようになりました。
 駄目な方への共感。なんとか修正したいところです。
 というか、もう修正することなんて出来ないので、後は途中放棄か何も考えずに好きな様に書くか。
 只今、後者で検討中でございます。
 具体的には、プロットを破棄して何も見ずに書こうぜヒャッホウとか、そんな感じ。別名ヤケクソ。
 最後はバトルに次ぐバトルで、最終回間近の打ち切り漫画のごとく行ってやろうと思います。
 乞うご期待。ナイトミュージアムに。
  1. 2007/04/06(金) 00:21:11|
  2. 言い訳
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うたらじ出張版の感想とか

 今週のうたらじは予想外のところで笑わせてくれました。そこで笑わせてくれるとは、意図してか偶然かは知りませんが天才的だと思います。
 ということで、レジェンドのお話し。ネタバレ防止しようかと思ったけど、よく考えてみればもう完売したわけだし、今から聞く人も少なかろうと思い堂々とネタバレ。

 レジェンドこと浪川大輔。
 今やうたらじでは釘宮理恵にとって変わられていますが、黎明期よりその存在を疑われていたことはあまりにも有名です。
 一部ではCG説も飛び出し、木の上に佇んでいる姿を激写された写真は記憶にも新しいはず。
 半ばUMA的な扱いの浪川大輔がうたらじに登場とあっては、これは買わないわけにはいきません。予約開始と同時に予約しました。

 さすがはデスクトップアクセサリーをオマケだと言い放つだけのことはある。この回の破壊力たるや、黎明期にも負けじ劣らぬ内容です。

力也「柚ちゃんB型ですよね?」
(数秒間沈黙)
力也「あっ! 違っ、違っ……」
浪川「あー、怒った、怒った!」
(台本にフォークを刺す音)
柚木「刺すよぉ、もう!!」
浪川「凄い! 初めて見た……これだ!」
柚木「いいです」 
浪川「台本に穴空いてますよ!」
(狼狽える小山力也)
浪川「柚木さんは違います、柚木さんはAB型なんです」
柚木「もぉ、お前も刺すぞ!!

 一度だけ聞いたことがあるんですが、武装連金ラジオもCD化しないかなぁと思う今日この頃。あるいは、いっそうたらじの特典に。 
  1. 2007/04/03(火) 10:05:43|
  2. ラジオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

八重結界

Author:八重結界
ノーマルシューター。でも神奈子様は苦手。
諏訪子様と小傘とお燐とお嬢様がいればそれで良い。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。