白の色鉛筆

需要と供給が成り立っていない存在

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

未来日記 三巻

 未来日記三巻を買ってまいりました。思考心理が完全に殺人者の由乃が大好きです。

 普通のヒロインなら危機的状況で怯える、立ち向かう、誰かを頼る等の行動を選択するんですが、由乃は場合は殺すというとてもシンプルな選択しかありません。
 鉈をもって徘徊するヒロインも好きですが、包丁を持って違和感のないヒロインも最高です。
 あと、洞察力が半端じゃない。例えるなら、部屋の本棚が数ミリ動いたのに気づくみたいな。うん、わかりにくい。
スポンサーサイト
  1. 2007/03/30(金) 06:29:01|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今週の反逆のなんたら

 遅ればせながら今週のコードギアス。というか先週のコードギアス。
 今回のはネタバレすると法律にすら抵触しそうなので、まだ見てない人は見ないように。富竹殺しの犯人ぐらい、今日のは知ってはいけないわけですよ。
[今週の反逆のなんたら]の続きを読む
  1. 2007/03/28(水) 08:54:32|
  2. TV
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水曜どうでしょうDVD第八弾を買ってから見るまでの軌跡

 水曜どうでしょうの第八弾DVDを手に入れました。西表島のアレです。激闘です。
 大泉洋どころか視聴者すらも騙したことでお馴染みの企画ですが、その緩さも当初は懸念されていました。ちなみに、私もその一人。
 スペインで荒々しく牛と闘う大泉洋を想像していただけに、南の島で虫取りを聞いて軽く落胆したのを覚えています。
 もっとも、そんな落胆はすぐに吹き飛ぶわけですが。全話見終わった後には、まさしく石垣島での大泉状態。
 この企画以外ありえないね。
 史上初の試みとなった第八夜では、久々に三十分間フルで笑わせてもらいました。

 そんなDVDが発売とあっては、もう深夜零時に買いに行くしかない。討ち入りしかないわけですよ。
 勇んでいったわけですが、何故かコンビニ側が手間取って、出発は零時五分だったのに帰宅が零時三十五分となりました。徒歩で一分の距離なのに。
 しかも、危うくお金を二度払うことになって、色々と揉めてみたり。二度と利用しないと言いたいところですが、多分次回作の時も予約するんだろうと思います。近いしね。

 紆余曲折があって帰宅。身体を清め、生理現象を始末し、いざ初陣とばかりにDVDをセット。何の儀式かと、我ながら思います。
 勿論、本編から副音声までぶっ通しで見るような真似は致しません。だって、それすると後半の副音声で寝ちゃうから。
 ジャングルリベンジの時の経験しました。

 そして、今ようやく副音声も含めて拝聴完了。
 しかし鳴りやまぬ寝釣りコール。興奮さめやらぬところです。
 というわけで、もう一度最初から見ることにしました。いつものことです。感想は二度目が終わってから、気が向けば書くことにします。
 もっとも、そんな時間があればの話ですが。今月の忙しさは、自業自得なので愚痴る権利すらないわけです。無念。
 寝ー釣ーり! 寝ー釣ーり! 寝ー釣ーり! 
  1. 2007/03/23(金) 07:00:40|
  2. 水曜どうでしょう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今週のコードギアス

 狼少女の麦畑と書くと、何故かホロが思い浮かびます。狼少女というか、あれは狼。てか神狼。
 イメージとは、ことさらにいい加減なもんだと思いました。

 今週のコードギアスを鑑賞。第二十話です。
 何度見ても、OPのオレンジに爆笑してしまいます。コードギアス反逆のオレンジ。
 ですが、今回の注目ポイントは何と言ってもルルーシュ。運転をC.C.に任せて、自分はふんぞりかえるという態度に痺れて憧れる。
 個人的にはC.C.のヒモに見えてしょうがありません。
 だからなのか、C.C.が不満顔に見えます。
 口だけの夫と、苦労する妻。ろくでもないヴィジョンが見えました。
  1. 2007/03/12(月) 20:19:00|
  2. TV
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハルヒ以降の学園部活モノの宿命

 刀語の三巻を買ってきました。
 巻末の技表が楽しみで楽しみで、それだけのために買っているようなものです。
 小説としてはどうかと思いますが、商品としては最高の売り方だと思います。やはり西尾維新は天才だと。
 何の天才かは知りませんが。

 学園モノを書いていたのですが、どうしてもハルヒになってしまうわけです。
 現代で完全オリジナルを書こうというのは不可能に近いのですが、だからといって明らかに影響受けすぎだろというのも困りもの。主人公の一人称でぼやきながら、ヒロインが部長で突飛な性格をしていると、なんだかハルヒに見えやがります。
 こうなると書き直しです。四百枚総書き直し。まぁ、別にハルヒっぽいからという理由だけではないんですが。
 劣化谷川と言われるのだけはゴメンです。
 ただ、逆にそちらを意識しすぎてもよくない。無難で退屈な話より、少しぐらいハルヒっぽくても面白い方がマシです。
 とはいえ、まんまハルヒになってもいけない。難しいところです。
 ハルヒ以降、学園部活モノで受賞した人達の作品を読むことにしてみました。
 ……あんまり気にせず書こう。

 他人の作品を見て、これなら俺も大丈夫と思うのは問題アリなのですが、モチベーションを上げるのには持ってこいです。
 開き直るのも時には必要かと。
  1. 2007/03/07(水) 03:06:56|
  2. 思考
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

八重結界

Author:八重結界
ノーマルシューター。でも神奈子様は苦手。
諏訪子様と小傘とお燐とお嬢様がいればそれで良い。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。