白の色鉛筆

需要と供給が成り立っていない存在

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ひぐらしのなく頃に祭 フルコンプ

 ひぐらしをやっていました。勿論、祭の方です。
 感想を書こうかと思ったけど、さすがにクリアしてない人の方が多いだろうし、来月に気が向けばやろうかと。
 ただ、もしこれから買おうという人がいるなら、気を付けてください。
 原作をやってからの方が百倍楽しめます。
 CGはそもそも原作にないので比較対照になりませんが、シナリオや音楽は原作の方が私は圧倒的に好きです。まぁ、好みの問題なので人それぞれですが。
 だからといって、祭にやる価値がないわけでもない。CGとOPとシステムは一見の価値ありです。
 特に魅音の可愛さは異常。かなり魅音が好きになりました。

 Web拍手のコーナー
>次はいよいよ水瀬秋子との戦いですね。楽しみにしています。
・秋子さんは大将クラスなので直接対決はもう少し先かと。いずれにしろ、いつかは戦わないといけない相手ですから。
スポンサーサイト
  1. 2007/02/27(火) 18:59:39|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日の文章には多大な悪意が含まれています。明日の自分へ向けての

 ようやく一本ほどオリジナルの長編を書き上げたわけで。ソウルクレイドルの魔の手から逃れられたわけで。
 でも、まだまだ書きたいものはあるわけで……。

 まったく話は変わりますが、私は免許を持っていません。
 なので、身分証明にかなり困ることがあります。エロゲーを売りにいくときも、たまに保険証を忘れて、何もせずに電車代を浪費することもしばしば。
 財布を忘れても愉快でいられるサザエさんに、軽く殺意を覚えました。理不尽な怒り。
 こういう話の流れだと、大抵はだから教習所に行って来ましたとか、そういう風に普通は持っていくんでしょう。
 ですが、そのつもりもありません。
 だとしたら、どうしてこんな話をしたのか。これでは、ただの近況報告ではないか。
 そう責める声もあるでしょう。まさしく、その通り。
 書き終えた後のテンションとは、得てしてこんなものだとお伝えしたかったのです。そのあげくに、出てきた話題が免許の話。
 多分、明日になってこの文章を書いたことを後悔しているんでしょう。
 だが、書く。明日の自分に嫌がらせするために。

 こういうのを最低の人間と言います。
  1. 2007/02/22(木) 09:01:52|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一億円あったら何する?

 ソウルクレイドルが欲しいのですが、いま買うとマズイ気がします。ほら、時間とか。
 ちまちまと一次を書いては、一億円プレイヤーになった自分を想像しています。そうでもしないと、書いてられないって。
 どうでもいい話ですが、一億円あってもエロゲーを買い続けている自分はある意味男らしいと思うのですが、その辺はどうなんでしょう。
 男らしいというより、馬鹿らしいという方がいたら挙手。
 ふ、ふん。あんたなんかに奢ってやるわけないでしょ!

 妄想は執筆の燃料です。
  1. 2007/02/19(月) 06:35:28|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

化物語&刀語

 我々はプロの棋士団!
 やべぇ、強そう(将棋が)

 纏めて西尾維新の作品を買ってきてしまいました。
 化物語(上下)と刀語。

 化物語は会話のテンポの良さに惚れ惚れしました。久々に小説で笑いましたし。
 言葉遊びの巧さとか、この辺りの領域では西尾維新に勝てる気がしません。
「言葉の暴力って知ってるか」
「なら言葉の警察を呼びなさいよ」
(化物語 上より)

 刀語の方は、もう凄いの一言。何が凄いって、巻末のキャラクターのプロフィール表。
 必殺技一覧とか、商品としての小説では初めての試みではないでしょうか。これを一ヶ月に一冊出すというんだから、執筆速度でも勝てる気がしない。
 ボロ負けです。
 あと、真庭忍軍十二頭領とか、十二本の刀とか、男の子が好きそうなツボを押さえているなぁと感心しました。
 相変わらず、どんなライトノベル作家よりも、ライトノベルをしていると思いました。
 次は黒巫女だそうで。巫女好きのツボも押さえて……はいないのか?
  1. 2007/02/18(日) 03:43:13|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

読書感想文は苦手Ⅱ

 ちまちまと積み小説を消費中。

 電撃小説大賞の作品を数冊ほど読みました。あとは家族モノが一冊残るのみ。
 さすがに大賞だけあって、ミミズクと夜の王は読ませる力に優れていました。絵本チックなので、ばりばりのライトノベルは嫌いだぜという方にもお勧め。
 他の二冊は好きずきで。特に扉の外なんかは、好きな人と嫌いな人で真っ二つに別れるんじゃないでしょうか。私は特に感想もなく読み終えてしまい、ちょっと後悔。

 水気という架空のエネルギー技術を主題にした研究者の七転八倒小説。ユーフォリ・テクニカ。
 さっぱりと塩味で、読後感も爽快。重い作品で疲れた時に読みたい一冊です。

 そして、なんといっても狼と香辛料。ホロの独特の可愛さに、各地で被弾が相次いでいます。今回はロレンスにも多少の余裕が見られて、いつもとは違った展開になっています。まぁ、同じっちゃ同じですが。
 節目の三巻も超えたし、新しい境地への一歩ということでしょうか。
 
 Web拍手のコーナー
>バレンタイン、私は意表をついて母と妹にチョコを上げました、安いけど
・海外では男が女性にプレゼントをするそうで。まぁ、家族へ渡すのとは意味が違うと思いますけど。
  1. 2007/02/17(土) 04:03:06|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日は何の日フッフ~

 独り身の男が二月十四日にとる行動
Lv1 義理チョコでもいいから欲しがる
Lv2 自分で買う
Lv3 今日は何の日だっけと現実逃避
Lv4 言われるまで何の日だか思い出せない
Lv5 言われても思い出せない

 管理人はLv4です。本気で忘れてました。
 L4なのでオヤシロ様と戯れながら、明日に生きる。閉幕。
  1. 2007/02/14(水) 21:28:14|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ふとオレンジのことについて思いをはせてみる

 オレンジの行方がわからなくなってから早数週間。皆様はいかがお過ごしでしょうか。
 愛媛の農家の話ではありません。コードギアスです。
 オレンジの愛称で親しまれているジェレミア卿。砂漠の放浪者みたく行き倒れてから行方不明となりました。
 公式には死んだみたいですけど、まさか僕達のオレンジがこんなところでくたばるわけはありません。
 きっと、ヘッドホンをつけて手を叩きながら再登場してくれるはずです。本当にそうなると非常に紛らわしいわけですが。

 かつての部下は記憶喪失で新妻よろしく手料理をふるまっているというのに、オレンジは一体どこで何をしているのか。
 今後のコードギアスから目が離せません。
 いっそ、ギアスでも身につけて登場してくれば楽しいのに。瀬戸内産オレンジのギアス。
 ジュースにでもされそうな勢いです。
  1. 2007/02/12(月) 05:19:44|
  2. TV
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自己紹介が苦手な人は結構多いはず

 シオン、クリアいたしました。これを外交のカードに使えないだろうかというぐらい素敵でしたとも、ええ。
 個人的には二つ目と三つ目の目が開いた能力がもっと具体的だったら良かったかと。それこそ、異能力者バトル並に。
 まぁ、それだとやりすぎた感が満載なわけですが。
 やはり、シオンはあのままのシオンでいいのです。ただのシオンですと、言ってくれればいいのです。

 話は全く変わりますが、キャラクターの自己紹介といのは、なかなかどうして書き方が難しいものです。
 普通に書くのなら、それこそ誰にだってできますが、面白いというのは難易度が高い。
 それでいて、相手に覚えてもらいやすい自己紹介でないといけません。いくら面白受かろうと、ところであいつ誰だっけとか言われては、元も子もないのです。
 他の人はどうか知りませんが、ただのシオンだというシオンの自己紹介、私は大好きでしたし面白いと思いました。
 でも、やはり総合的に一番を選ぶとすればハルヒ……ではなく芝村舞でしょう。
「舞だ。芝村をやっている」
 後にも先にも、これを超える自己紹介は現れないと思います。
  1. 2007/02/06(火) 06:27:53|
  2. 思考
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やるせない疲労感

 三月四月と、色々な大賞の〆切が重なる時期がやって参りました。
 電撃、えんため、MF。出せるなら全部出そうぜがモットーの私ですので、やっぱり全部出すつもりです。
 なので日曜日は朝から晩まで書こうと思っていたのに、気が付けばプリミティブリンク。恐ろしい子!
 これではいかんと、一念発起して書き始めるも、気が付けば東方の二次を書いていました。
 実に有意義な一日でした。多分。きっと。願わくば。

 別に決まってるわけじゃないけど、やっぱり一ページに一話はアップしたいしねと、東方創想話を知らない人には理解できない話題を残しつつ、撤退。
  1. 2007/02/05(月) 03:30:44|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プリミティブリンクってどういう意味?

 まさかの連続更新。これで昨日の分はチャラだね。

 さて、件のプリミティブリンク。買う前は面白そうだなと思ってたんですが、開始五分で買った事を後悔。
 こんなことならナツメグでも買っておけばよかったなぁと思いつつ、速攻で売り飛ばすのも勿体ないとプレイ再開。
 十分経つ頃には、ちょっと面白くなってきました。
 そして、シオン登場。もうね、売り飛ばすとか言ってた自分が恥ずかしい。
 なんですか、この私の好きな要素を詰め込んだキャラクターは。殺す気かと、制作者に言いたい。でもありがとう。
 登場と同時に拍手喝采。一挙手一投足に歓喜のファンファーレ。我ながら危ない人と区別がつかなくなってきましたが、普段からこんな感じです。
 誰も見てない人間なんて、何してるかわかったもんじゃないってことですよ。覚える必要のない変な教訓。
 まだまだ序盤ですが、これからのシオンの活躍に期待したい。活躍しなくても期待したい。
 そんな立春の日。私の春はまだまだ遠そうです。
  1. 2007/02/04(日) 02:14:13|
  2. PCゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

文字で魅せてよベイビー

 以外とえんため大賞受賞作の評判が良いことに驚きつつ、あれひょっとして俺って感性がおかしい?と首を捻り中の管理人です。
 面白いと思う対象が人と違ってもいいんですが、感性が世間からずれているというのは問題。……これからはああいう作品がくるんだよね、と言ってみる。

 ふとしたキッカケでプリミティブリンクを購入してしまいました。このクソ忙しい時期に。軽い自殺行為だと思いねえ。
 このままでは一行も書かない日が来るかもしれない。そう考えた私は、だったら書く習慣をつければいいんだよと、毎日ブログを更新しようと思い立ったのです。
 昨日。
 三日坊主どころか、初日で挫折しました。そのだらしなさは、ハマーを連想させます。
 所詮は小学生の「今年こそは七月中に宿題を終わらせてやるぜ」という誇大妄想と同レベルだったようです。
 というわけで、無理せず不定期更新に戻りました。
 以上、水面下での低レベルな戦いの報告でした。人って醜いよね。
  1. 2007/02/04(日) 02:07:34|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

八重結界

Author:八重結界
ノーマルシューター。でも神奈子様は苦手。
諏訪子様と小傘とお燐とお嬢様がいればそれで良い。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。