白の色鉛筆

需要と供給が成り立っていない存在

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

凄く気の抜けた今年のお勧めPCゲーム

 というわけで帰省してきます。戻ってくるのはいつになるか不明ですが、年末の追い込みで疲労した体力を回復させるまでは戻ってこないでしょう。
 今年のお勧めゲームについて書こうかとも思いましたが、そもそもブログに書いたことのあるゲームが五つしかないので詳しく書くのは止めました。以下箇条書き。

・マブラヴオルタネイティブ
 発売延期とかグロとか話題は様々でしたが、最終的に潔い話が見れたので大満足。

・委員長は承認せず!
 経ルートのカンサーが議場に乱入するシーンは何度見ても鳥肌が立ちます。

・この青空に約束を――
 PS2に移植するそうで、新CGかシナリオがあるなら絶対に買います。
 
・遙かに仰ぎ、麗しの
 今年のダークホース。全く期待していなかっただけに、出来の良さには感動。
 
・戦国ランス
 説明不要。最大の欠点は時間が経つのを忘れてしまうこと。浦島現象が頻繁に巻き起こります。
スポンサーサイト
  1. 2006/12/26(火) 07:13:59|
  2. PCゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

聖夜だから愚痴スペシャル

 クリスマスだろうが、イブだろうが、関係ないことに興味はありません。
 そんな思いを携えながら、小説を書いていました。
 するとどうでしょう、あっとういうまに出来上がりました。東方の二次創作が。
 なんでしょう、もう一次創作とか嫌なんでしょうか、自分。そんな風に自問自答するのが、よりによって聖夜であることを思い出す。
 ちょっと凹んだので、気晴らしに日本橋まで東方求聞史紀を買いに行くことにしました。
 ちなみに自分へのクリスマスプレゼントという単語を使うと、なにか負けた気がするので使いません。サンタさんからのプレゼントです。
 でも、そうだとしたら随分とマニア心のわかるサンタがいることになります。それもそれで嫌です。

 ちなみに、腕の痛みを抑えながら小説を書いていると一通のメールが届きました。母親からでした。
 数万円する料理のコースを楽しんでいるそうです。久々に殺意が沸きました。嫌がらせとしか思えません。
  1. 2006/12/25(月) 09:14:21|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そろそろ本格に厳しいというかアウト

 ふと気づけば数日ほど時間が経過していました。タイムリープです。
 原因は間違いなく、戦国ランスでしょうね。正史と謙信と蘭ルートはクリアしました。後は五十六だけか。

 戦国ランスと平行して、前から欲しかったジャンヌダルクを購入しました。こういうシュミレーションは大好きなのですよ。
 おかげで原稿が進まない進まない。でも頑張って書いたんですよ、東方の二次創作を。
 ああ、駄目人間。
  1. 2006/12/22(金) 21:33:33|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今週の後悔

 戦国ランスに手をだしてしまいました。
 ちょっとのつもりでプレイしたのに、気づけば既に十時間。
 人は懲りないから人なのだと思いました。いや、意味がわからない。
  1. 2006/12/17(日) 07:06:24|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東方書いたり、考えたり

 〆切から逆算して予定を作るような人間にはなっていけないんだと、なってから気づく今日この頃。
 しかもその予定も守れないわけです。予定は崩す為にあるのですよ。

 徐々に年末が迫る中、地道に執筆を続けております。
 しかしながら、ずっと同じ物を書いているのは疲れる。その為、気晴らしに東方の小説を書いてたりするわけです。勿論、こっちも手を抜いたりしていませんが。
 前回は永遠亭のアレコレを書いて満足してたので、次は紅魔館絡みのドタバタでも書いてみようかと。
 ただ、書き始めてみたら何故か怪獣映画を彷彿とさせる内容に。やはり予定は崩す為に(ry
 これが書き終わったら、次は前回の永遠亭の裏側と蛇足でも書いてみましょうか。要望もあったことですし。
 問題はMFへの原稿が間に合うがどうかです。いや、これ本当に問題なのよね。はてさて、どうなることか。
 わかっているのは、現実逃避のつもりなのか本人が至って冷静だということだけです。他人事、他人事。
 ……いや、俺のことか。
  1. 2006/12/16(土) 08:23:34|
  2. 東方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『遙かに仰ぎ、麗しの』感想

 明日から冬休みなわけで、ブログを更新する頻度も増すのだろうかと思いきや、どうにもならないご様子。
 媚びず、変わらず、やる気無くをモットーとしています当ブログでございました。何の挨拶か。

 十二月も中旬に迫り、富士ミスとかMFなどの〆切が迫ってきました。
 そして、そんなこととは関係なく「遙かに仰ぎ、麗しの」をフルコンプいたしました。イエーイ、駄目人間。
 当初は本校組最高と息巻いておりましたものの、分校組もこれはこれで良いんじゃないのという結論に。
 そんなこんなで、適当な感想を。以下「遙かに仰ぎ、麗しの」のネタバレがありますんで。
 ちなみに、他のサイトでは適当というのは社交辞令ですが、ウチの場合は本当に適当ですので注意をば。
[『遙かに仰ぎ、麗しの』感想]の続きを読む
  1. 2006/12/11(月) 02:20:19|
  2. PCゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

遙かに仰ぎ、麗しの

 京都に行ってきました。まぁ、嘘ですが。

 そんなこんなで『サモンナイト4』やったり『遙かに仰ぎ、麗しの』をやったりしてました。
 今年のベストゲームは『マブラヴオルタ』と『この青空に約束を』の二つで決まりかなと思っていた時期だっただけに、『遙かに』は嬉しい誤算でした。
 本校から隔離された山奥にある分校(女子校)で働くこととなった新米教師。教え子達はいずれも何かしらの問題を抱えた生徒ばかり。そんな中で、新米教師は四苦八苦しながら自分と少女達の問題に立ち向かっていくのでありました。
 分校に元からいた子達の方はまだ一人しかクリアしていないので何とも言えませんが、とりあえず微妙です。
 ただ、三人ともクリアした分校組の方は『この青空に』と比べても遜色がないほど面白い。久々にニヤリとしてしまった作品ですとも。
 その辺りの感想をいずれ書くかもしれません。気分がのればの話ですが。 
  1. 2006/12/07(木) 03:43:19|
  2. PCゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

忌まわしき数字、十二

 十二月は良い月でありますようにと願っていたら、KIDが自己破産していたようです。
 気を取り直していこうと決意してみたら、はるはろが無期延期になっていました。
 大丈夫、これから良いことがあるのさと思っていたら、ガガガの一次にはじかれてました。

 よし、京都に行こう!(混乱)
  1. 2006/12/03(日) 05:11:42|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

八重結界

Author:八重結界
ノーマルシューター。でも神奈子様は苦手。
諏訪子様と小傘とお燐とお嬢様がいればそれで良い。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。