白の色鉛筆

需要と供給が成り立っていない存在

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

近況と適当

 しばらくブログを書いていない間に、最強のベースボールは野球だったり、シャナやクラナドの劇場版が発表されたり、近所の川が綺麗になってたりしました。下に行くほどどうでもいいこと。
 まだネット環境が整ってないというか、無い状態にあるので借り物のパソコンで更新してますが速度が遅いのでストレスが溜まったり。やっぱり四月に入ってから本格的に活動再開します。
 まぁ、元々活動なんてやってないに等しいんですが。はいはい、ジギャクジギャク。

 第三章は五月から開始、投票は二十七日で終わりなわけです。開票結果や記念SSはまぁ、四月中にできればいいなと。
 なんにせよ、四月末にはえんため投稿の締め切りなわけですよ。ええ、出しますとも。
 どうせ落ちると書けば落ちた時の言い訳に聞こえるし、受かると書けば自信過剰に見えるのでそれ関連の話は全くしないので、妙に暗いときや明るい時があったら察してください。
 情報の読み取りすらセルフ。ちょっとしたミステリ。要するに堕落。
 堕落三昧。楓でした。 
スポンサーサイト
  1. 2006/03/25(土) 16:43:12|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

物事の善悪を他人が決めることはできないって慧音が言ってた

 引越しの荷物を片付けていたら一日が終わりました。ビバ現実逃避。
 そして気がつけば明日はFF12の発売日じゃないですか。いや、買いませんけど。
 なんて思ってたんですが、フライングゲット組からFF12はSFCのFFが好きならお勧めという情報を得たので悩み始めたり。いや、SFCのFFもやってないんですけどね。

 某友人とメルブラで盛り上がる。ほぼ泊り込み状態で連続プレイしてました。そして、メルブラの合間に水曜どうでしょう。
 大阪でも、どうでしょう布教は止めません。一家に一台、どうでしょう。

 偶には真面目な話を。
 最終的に事の善悪を決めるのは、やはり自分自身なのです。他人から見れば悪のように見える事でも、事実は他人が想像していたものとは全く違うものかもしれないからです。
 例えば、ここに一人の痴漢がいたとしましょう。しかし、彼は好きで痴漢をしているわけではありません。痴漢をしなければ家族を殺すと脅されているのです。
 脅される原因は彼にありました。あらゆる方面から借金を作ったくせに、全く払わない態度に怒りを覚えた人が続出したのです。ですが、それは全て彼を陥れるための罠でした。彼の友人が、彼の名と顔を借りてあちこちから借金をしたのです。
 どうして友人がそんなことをしたのかというと、実は彼は友人の妹を手ひどくふって……
 上記の例は極端な場合での話です。ですが、見ればわかるように事実なんてものは掘り下げていけば幾らでも出てきます。それこそ無限増殖のように。亀の甲羅を蹴り続けると命が増えるっていう概念はどうかと思いますが。
 話を戻します。事実に果てがないのなら、他人が他人の善悪を判断するなんてことは不可能に近いのです。表面上だけでの判断など暫定的なものに過ぎません。それで充分だというのは、単なる自己満足と優越感に浸りたいだけの偽善心に過ぎません。
 果てのない事実の果てを知っているのは本人だけです。あるいは、果てのない事実に果てを作っていいのは本人だけとも言えます。
 それゆえに事の善悪を判断できるのは本人だけなのです。ギルガメシュの一人称が我と書いてオレと読むのも、じゅんじゅんの思考回路がちょっと特殊なのも、美鈴が中国と呼ばれているのも何か我々の知らない事実があるのかもしれないのです。
 いや、最後のだけはわかってますが。それにもう公式みたいなもんですし。加藤茶がくしゃみをすればタライが落ちてくるレベルでのお約束です。
 結論:美鈴は中国。

《本日の読書》
とらドラ! 竹宮ゆゆこ
 コンセプトは勘違い。そしてツンドラ。
 大河で別のタイガーを思い浮かべた人は私だけではないはずだ。
特ダネ三面キャプターズ① 海藍
 変わらぬネタのセンスに脱帽。四コマ書かせたら右に出るものはあまりいない。
ふるーつメイド① 寺本薫
  1. 2006/03/15(水) 05:01:03|
  2. 思考
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

深夜二時半のテンション

 話題騒然のポーションを飲みました。さすが薬用。味なんて二の次、三の次だぜ。
 味に期待していると絶望します。ご注意を。

 嘘はばれるまで本当、というけれど考えてみれば嘘をついた自分は、その真偽を知ってるから嘘は所詮は嘘だと早口言葉みたいな文章を思いつく。
 嘘を嘘と思わない自分大好き人間だったら本当の嘘がつけるかもしれない。何を書いてるのかわからないのは、今夜が徹夜二日目だからです。
 どうせ後から後悔するような文章なんだから、思い切って書こう。そんな心境になったところで眠くなってきたので終了。
 やったね、やる気の欠片もない。
  1. 2006/03/12(日) 23:45:13|
  2. 適当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

頑張れ射命丸

 文化帖、レベル4までオールコンプリート。レベル5もあと数枚でクリア。なかなか好調な具合で進めております。
 とはいえ、これ以上はさすがに難しい。咲夜さんや橙がかろうじて取れるかというぐらいで、幽々子やレミリアなど取れる気がしません。出したのが精一杯なのです。
 
 マブラヴを買ってしまったのですよ、赤坂。というわけで、マブラヴを再プレイしていました。引越してからテレビもADSLもないもので、暇なのです。
 それにしても、やはりタマはいい。あの冥夜のラストも王道でよいのですが、タマには勝てず。ブラボーです、ブラボー。
 そして、ふと気がつけば自分の中でオルタネイティブの評価が上がっていることに気がつく。時間が経てば経つほど味が増す。これがアージュクオリティ……なのか?
 現段階では今年二番目の出来。一番はひぐらし。去年の作品だけど、ひぐらし。

《本日の読書》
 部活動①~②
  1. 2006/03/12(日) 00:11:34|
  2. 東方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

引っ越し準備中

 というわけでリアルでの引っ越し準備をしているわけです、はい。
 水曜日に引っ越すわけなんですが、電話とかの手続きをまだしてないので更新を再開する目処は今のところ皆無。できることなら早く、無理なら遅く。
 そんな感じでダウナーに生きています。ああ、ガスの閉栓も電話しとかないと。

 次なるゼロは両編を同時にアップする予定です。それが終わるまでは投票も非公表の形で。ドキドキ感を煽ってみました。なんか簡素すぎて面白くない気もします。
 開けてビックリ玉手箱。最初から煙のないバージョンでお送りしております。ジーザス。

《本日の読書》
アストラクライン
 覚えにくいタイトルです。アスランクライン。
陽気なギャングが地球を回す
 映画化するそうで。そっちに興味ないですけど。
  1. 2006/03/07(火) 02:56:43|
  2. 言い訳
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オルタネイティヴについてのアレコレ

 オルタネイティヴをクリアしました。凄く感動しました……と言いたかったです。
 バッドエンドが大好きなだけに、どこまで客観的に書けるのか知りませんが、以下ネタバレ感想。



 とりあえずグロだとか、発売の延期がどうとかいうことは考えません。シナリオとは関係ありませんし。
 メインキャラが次々と死ぬことにも異論はありません。むしろ最後まで誰一人死なない方が気持ち悪い。戦争の悲惨さを訴えようとしてるのは誰の目にも明らかですし。
 あとは生きることの難しさとか日常の大切さとか、そこら辺のテーマを中心に書いてあるんでしょうが、なにはともあれ人が死にすぎ。正確には人が死ぬ場面を多く描き過ぎといったところでしょうか。
 佐渡島攻略からオリジナルハイブまで、あまりに多くのメインキャラが死んだ為に肝心のラストがマンネリした感じに。冥夜の死とか、軽く欠伸してましたし。
 そして、一番問題だと思うのは未解決だってことです。結局、BETAとの戦いは終わることなく、武は平和な日常に戻る。しかも記憶を継続することなく。誰が何と言おうと現実逃避の一種です。
 ただ、佐渡島攻略戦であったり、横浜基地防衛戦であったりというシーンは取り立て文句を付けるようなところはなかったと思います。むしろ、最高。男達の背中に感動した。
 良くも悪くもワンシーン、ワンシーンが目立つ話でした。しかし、こうなると元の世界での月詠さんが恋しくなってきた。よし、マブラヴを再インストールだ。
 ……売ってしまったのですよ、赤坂。
  1. 2006/03/03(金) 23:18:17|
  2. PCゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

管理人の すごい 不定更新

 夏コミと冬コミが同時にきたような忙しさ。そりゃゼロの更新もできませんて。うん、まぁオルタネイティヴはやってるんだけどね。

 さてさて、そのオルタネイティヴ。悪評が多いと周りから聞かされてつつも、どんなもんかいなとプレイしてみました。
 突発性グロ発生。脈略のない展開にさすがにひいた。ひぐらしで例えるならトミーが死ぬところを伏線なしでやるようなもの。殺されてからオヤシロ様の祟りって何って話が始まるのはどうかと、それだけ。
 それからもPTSDを起こしたいかのごとく繰り返されるフラッシュグロ画像。演出か、悪意か。個人的には後者でFA。
 しかし、佐渡島での作戦の際には思わず涙腺が緩みかけたり。弱いのですよ、ああいう男達の生き様に。十代の少年少女には出せない郷愁を感じました。
 最後に、死亡フラグがわかりやすすぎるので、プレイするときは考えすぎないように。一発で誰が死ぬのかわかるんで。本当に。

《本日の読書》
淑女のエチケット
 どうしたら淑女とクマが出会うのか。そちらの方が謎だと思う。
アカギ18巻
 ワシス様大暴走。笑いが止まりません。読んでる方も、ワシス様も。
  1. 2006/03/02(木) 00:49:10|
  2. PCゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

八重結界

Author:八重結界
ノーマルシューター。でも神奈子様は苦手。
諏訪子様と小傘とお燐とお嬢様がいればそれで良い。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。